メニュー閉じる

民間資格 フラワーデザイナー

民間資格 フラワーデザイナー

感性と体力で「花のある生活」をデザインする専門家。花の装飾(そうしょく)にとどまらず、インテリアやファッションの分野でも活躍しているよ。

自分で名のれば、だれでもなれる?!

昔から「花店・フラワーショップ」は、子どもが将来なりたい職業として人気が高い。特に女子には、身近で楽しそうな仕事と見えるからだろう。
そんな「花店・フラワーショップ」も、時代につれ、どんどん進化している。花の装飾にとどまらず、インテリアやファッションの分野に進出している花店・フラワーショップもある。そうした人は、たいてい「フラワーデザイナー」と名のっている。
正確に言うと、「フラワーデザイナー」は、資格の名まえではなく職業名だ。つまり、資格を持っていなくても、自分で名のればだれでも「フラワーデザイナー」にはなれるし、同じ仕事をすることもできる。
だったら、資格を取得するメリットはどんな点にあるのだろう?

資格はないより、あったほうがいい

まずは、技術を基本からしっかり学ぶことができる点だ。フラワーデザインという仕事にはセンスが必要だが、せっかくのセンスもそれを表現する技術がなければ、宝の持ちぐされになってしまう。
その技術が一定レベル以上であることを、証明してくれるのが、この資格検定試験なのである。合格していれば、仕事上の信頼度もアップする。また、試験の主催団体を通して横のつながりを増やせるから、フラワー業界の動向をつかみやすくなる。
プロフェッショナルとして、自分が思い描くとおりの活動をしたいなら、常にステップアップしていこうという気持ちが大事だ。資格を取っただけで、オッケーではない。
興味のある人は、フラワーデザイナーがいる近くの花屋さんに行って、いろいろ話を聞いてみるのもいいだろう。実は重労働だというその舞台裏も見学すると、仕事の幅の広さがわかるはずだ。

なるまでチャート

専門スクールで学ぶ
フラワーデザインを教えるところはたくさんあるが、NFD公認スクールならこの資格に直結。
試験を受ける
3級から1級まで試験は3段階。受験科目の履修証明書があれば年齢制限なし。3級から挑戦。
合格!
プロへの第一歩。フラワーデザインの指導者になりたい人は、さらに上級の資格を目ざす。
独立の準備
普通はアルバイトや見習いからスタート。この段階でのがんばりが将来を左右する。
いよいよ一本立ち!
これまでの経験を生かして、フル回転。成功のカギは、日々の仕事の地道な繰り返しと向上心にある!

問い合わせ先

社団法人日本フラワーデザイナー協会
(略称:NFD)
〒108-8585 東京都港区高輪4-5-6
TEL 03-5420-8741

フラワーデザイナー資格検定試験

資格・検定カテゴリ

注目の資格・検定
ランキング

PAGETOP