メニュー閉じる

ネイリスト技能検定試験

ネイリスト技能検定試験

つめの美容と健康の専門家。つめについての知識を詳しく学びながら、テクニックを身につける。細かな技術と集中力が必要だ。

「ネイリスト」はアメリカで生まれた職業

ネイリストとは、つめの美容と健康の専門家のこと。「マニキュアリスト」「ネイル・アーティスト」とも呼ばれている。
主な仕事はネイルケアや、マニキュアによるカラーリング、人工づめ(スカルプチュアネイル)作り、ネイルアートやフットケアなどだ。もともとネイリストは欧米で生まれた専門職で、アメリカでは州ごとに資格制度が確立されている。
ネイリスト技能検定試験は、国際的に通用するネイリスト育成を目ざす日本ネイリスト協会が行っている。1〜2級を取れば、ネイルサロンや美容室、エステティックサロンなどで働くときに、評価されるだろう。
経験を積んで技術を磨けば、自宅でサロンを開くことも可能だ。年齢に関係なく、長く続けられる仕事だと考えていいだろう。

これから注目される可能性大

検定試験は、1、2、3級の3段階になっている。ネイルケアに関する基本的な技能および知識を試されるのが3級で、つめに関する仕事を本職としていない学生や主婦なども、たくさん受験している。
仕事として通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートの技能と知識を試されるのが2級だ。これに合格していなければ、1級は受験できない。
日本のネイルケアの歴史はまだ浅いが、ファッション感覚で、つめの手入れやおしゃれにこだわる人は増えている。これから活躍の場が期待される、注目度の高い仕事だ。

なるまでチャート

学校を卒業
義務教育を終えれば、だれでも受験できる
就職または専門学校で学ぶ
ネイルサロンなどで見習いから始める方法もあるし、協会認定の専門学校などで学ぶ手もある。
合格!
1級までのぼりつめたら、協会が認定する講師の資格取得を目ざすことも可能。
ネイルサロンなどで働きながら、プロとしてさらに仕事を開拓する
技術を磨くため海外留学する人も。

問い合わせ先

NPO法人 日本ネイリスト協会 事務局
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル5F
TEL.03-3500-1580 FAX.03-3500-1608

ネイリスト技能検定試験(JNEC主催)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP