民間資格 ベンダー資格(一覧)

民間資格 ベンダー資格(一覧)

ソフトウェア会社が主催する独自の資格試験。IT企業ではベンダー資格の取得を目標にして、腕を磨(みが)いている人も多いよ。

「ベンダー資格」って何だろう?

資格、一般の民間資格などよりもベンダー資格を高く評価する企業も多い。
例えば、パソコン検定でも出題される「ワード」や「エクセル」は、一般企業では日常的に使われているソフトウェアだ。この販売元のマイクロソフト社は、この「ワード」や「エクセル」をひとまとめにしたビジネス統合ソフト「マイクロソフト オフィス」の能力を証明する「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」「マイクロソフト認定 アプリケーション スペシャリスト」というベンダー資格を認定している。これは、ビジネスマンに人気のあるベンダー資格だ。

ベンダー資格は最新の技術に敏感

そもそも、パソコンは毎年新しい技術や情報が更新されるため、極端な話としては、1年前まで主流だった技術が今はもう使われなくなった、なんてこともある。
そこでベンダー資格の出番。ベンダー資格はそれぞれのソフトの販売元が試験を実施するため、常に最新の技術や知識が検定される。パソコンのソフトはバージョンアップがひんぱんにあるので、エキスパートになるには最新の技術が必要とされるからだ。
また、国家資格や公的資格などは、年に1〜2回しか受験のチャンスがないのに対し、ベンダー資格の多くはほぼ毎日受験できる。小中学生が受験できるような簡単な試験じゃないけれども、将来、IT企業などに就職したら、ベンダー資格にチャレンジする機会もあるはずだ。

有名なベンダー資格

マイクロソフト オフィス スペシャリストマイクロソフトのoffice製品の操作能力を証明する世界共通の資格認定制度。
運営:マイクロソフト
https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html
オラクルマスターデータベース運用・管理者向け、アプリケーション開発者向けの2種類がある。
運営:オラクル
https://www.oracle.com/jp/education/certification/index-172250-ja.html
シスコ技術者認定優秀なインターネット技術者に要求される技能を各レベルごとに分けたベンダー資格。
運営:シスコ
https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications.html
インターネット検定利用者をサポートする技術者向け。実践的な知識を問う。
運営:NTTコミュニケーションズ
https://www.ntt.com/business/services/application/content-video-delivery/com-master/about.html

PAGETOP