スクーバダイビング

スクーバダイビング

海中世界を楽しむならスクーバダイビング。10歳以上なら監督者つきで海に潜(もぐ)るとができるんだ。ここでは世界一有名なPADI(パディ)の「Cカード」資格を紹介するよ。

「Cカード」ってなーに?

海の中に潜って、美しいサンゴ礁や色鮮やかな魚たちを、自分の目で見たいと思ったことはないかな。
それを可能にしてくれるのが、PADI認定の資格「Cカード」だ。これさえ取得すれば、いろいろな器材をショップでレンタルすることもできるし、インストラクターなしでもスクーバダイビングを楽しめる(ただし、15歳未満は、Cカードを持っている大人の監督が必要)。
Cカードにはいろいろな種類があって、最短で4日間の講習が必要だ。だいたい2回の週末を利用して資格を取得する人が多い。
講習では、まずDVDやマニュアル本で、スクーバダイビングの基本を勉強。そして、プール(限定水域)や海(オープンウォーター)で実習を行う。自動車教習所と同じようなしくみだが、車の免許を取るよりもずっと楽だ。

とりあえずプールで試してみる手も 

だれでも気軽に楽しめるアウトドアスポーツなのだが、ちょっと問題なのが費用の面。資格取得でも、取得後のダイビングでも、それなりのお金がかかってしまう。親を説得する手もあるが、お小遣いを計画的に貯めてみるのもいいかもしれない。
海が怖い人だったら、プールで気分だけ味わう手もある。マスクとフィン、スノーケルを用意して、スノーケリングを楽しむのだ(禁止しているプールもあるから注意)。それだけではもの足りなくて、本物の海中の美しさを楽しみたくなったら、ダイビングショップでやっている「体験ダイビング」に参加してみよう。

検定インフォメーション

受験資格は?監督者が必要な「ジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー」は10歳以上。監督者なしは15歳以上。


受講日は?
各ダイビングスクールごとに、スケジュールを組んでいる。
受講料は?
ダイビングスクールによって異なる。
講習会の内容は?
A 知識開発(約6時間) 5セクション
B 限定水域ダイブ(約12時間) 5セクション
C オープンウォーター・ダイブ(約12時間) 2日間4ダイブ以上

お問い合わせ

株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南1-20-1
03-5721-1731(代表)

PADIコース・カタログ

PAGETOP