メニュー閉じる

民間資格 パーソナルトレーナー・NSCA-CPT

民間資格 パーソナルトレーナー・NSCA-CPT

健康増進(けんこうぞうしん)などのため、顧客(こきゃく)の要望に対して個別(こべつ)に指導(しどう)を行なうアドバイザー。健康維持(けんこういじ)のための食事や生活習慣(せいかつしゅうかん)など、生活習慣病などへの注意も欠かせない仕事だ。

アメリカからやってきた専門資格

一般的(いっぱんてき)なトレーナーの仕事は、フィットネスクラブなどで同時に複数(ふくすう)のお客さんを相手にグループ指導を行なう場合と、個人のお客さんに対して個別(パーソナル)指導を行なう場合がある。これは、塾(じゅく)の先生と家庭教師のちがいに近いかもしれない。パーソナル指導を行なうための基本的な知識(ちしき)をもっていることを証明(しょうめい)する資格がNSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)だ。
一方で、スポーツチームや学校の部活動において、競技力向上を願う選手に対して指導を行なっている指導者も多くいる。スポーツ選手に対する適切(てきせつ)なトレーニング・食事・体調の調整方法などの指導を行なうために、基本的な知識をもっていることを証明する資格がCSCS(NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)だ。
いずれも米国NSCAが認定する資格だが、国内で日本語の試験を受けることができる。

終わりなき知識向上(ちしきこうじょう)の旅

言ってみれば試験合格がスタートラインであり、専門職(せんもんしょく)として活動しながらも知識向上(レベルアップ)はいつも求められる。資格を維持(いじ)するためには、セミナーに参加するなどで決められた単位を取得しなければならない。運動生理学、栄養学、解剖学(かいぼうがく)などの専門的な勉強も欠かせない。この資格の大きな特徴は、終わりのない勉強が避けられないことだ。「身体を動かすのが好きだから」だけでは、通用しない資格(職業)なのである。
きょう味を持った人は、ねばり強く問題に取り組める習慣もつけてほしい。もちろん、さまざまなスポーツやそれに関するトレーニングにチャレンジすることも大事だ。
日本は超高齢化社会(ちょうこうれいかしゃかい)。中高年世代の健康を求めるニーズは高い。すぐれたパーソナルトレーナーの役わりは今後さらに大きくなるだろう。

なるまでチャート

高校を卒業
専門学校や大学等で体育・スポーツ系の教育を受けておくといいが、必須(ひっす)ではない。
スポーツや人間の体に関する基本を学んだり、さまざまなスポーツの(けいけん)をしておくことは、将来(しょうらい)の財産(ざいさん)になるぞ。
試験を受ける
受験するにはNSCAジャパンの会員になる必要がある。試験はマークシート方式。受験ガイドブックや模擬(もぎ)試験問題集など、受験をサポートする教材が販売(はんばい)されている。
みごと合格!
試験から約2ヵ月後、結果通知が届く。合格している場合、資格認定証(しかくにんていしょう)が同ふうされている。
勉強を続けながら活やくの場を切り開く
資格の維持(いじ)には3年ごとに決められた単位を取得することが必要。知識と技術の向上を続けていくことが求められる。
資格取得はプロのパーソナルトレーナーとしてはまだスタート地点。自分に合った職場でさらに知識・技術をみがこう!

お問い合わせ

NSCAジャパン試験担当
住所
〒270-0152 千葉県流山市前平井85

電話
04-7197-2064(平日10:00~17:00)

メール
exam@nsca-japan.or.jp

NSCA資格認定試験

資格・検定カテゴリ

注目の資格・検定
ランキング

PAGETOP