イラストレーター

イラストレーター

広告や雑誌の仕事が一般的。イラストレーターだけで食べていくのは難しい

こんな人にピッタリ!

何よりもイラストを描くのが好きで、やり直しを要求されても途中で放り投げない人。抽象的なイメージを形に置き換えられる人。何パターンものデザインを考えられる柔軟性のある人。

どんな仕事?

クライアントの要求に応じて自分の個性を出していく

雑誌や書籍の場合は、イラストの入る場所を指定したレイアウトと原稿を渡されたる。こんなイメージのイラストがほしい、と口答で言われることもある。広告なら、カンプ(仕上がり予想図)をもとに、ラフ(下書き)を要求される場合も。自分なりの独創性や個性を出すことも大切だが、あくまでも編集者の要望に従うことが第一だ。図鑑や百科事典等の仕事では、独創性よりも正確性が求められる。

これがポイント!

人間の幅を広げ、柔軟性を養う

美術・芸術系の大学や専門学校に進んで、デッサン力をあげるのもひとつの手。同じようにイラストレーターを目指している人とお互いの作品を見せ合って、才能を伸ばしていくこともできるだろう。ただし、この仕事はセンスと「味」、そしてクライアント(発注元)の注文にどれだけ柔軟に応じられるかもポイント。一般の大学に進み、遊びや趣味で人間の幅を広げ、交友関係を築いておくことも、仕事を紹介されたり先々役立つことが多い。

作品を売り込む営業努力が必要

広告代理店、デザイン事務所などに就職すると、雑誌や広告会社とのパイプができて、作品を見てもらえるチャンスは増える。コンクールにもまめにチャレンジする。一度採用されても、その後に仕事がくる保証はないため、常にチャレンジ精神を持って、作品をファイルし売り込んでいこう。信用第一なので、しめきりは確実に守ること。

将来はこうなる

デジタルデータでのイラスト依頼も増えつつある

最近はパソコンのCG(コンピューターグラフィックス)ソフトも使いやすくなり、紙とペンではなく、マウスやタブレット(パソコン用の筆記用具)で描くイラストレーターも増えてきた。イラストがすべてCGになってしまうことはないだろうが、イラストはデータ化して渡してほしいと言われる仕事も増えつつあるので、パソコンのグラフィックソフトも勉強しておいたほうがいいだろう。イラストの受け渡しの面などでも有利だ。

データボックス

収入は?

イラスト1点の値段は、書籍、雑誌、広告会社により異なる。部数が限られているために予算が少ない単行本では、1点1000〜2000円ということもありうる。新人のうちは数を多く描いて、イベントなどで販売し収入を得ているイラストレーターも多い。週刊誌や月刊誌などの仕事をレギュラーで取れれば安定した収入が得られる。イラストレーターとして名が知れれば、それなりに高額な収入も期待はできる。有名な人はそれこそ1点100万円なんてことも。

休暇は?

フリーのイラストレーターは注文がなければ毎日が日曜日。逆に締め切り間際は土日もなく、徹夜続きなんてことも。

職場は?

人手や設備はいらないので、自宅で仕事をしている人が多い。デザイン事務所などに所属するイラストレーターもいるが、そういう人はデザイナーとイラストを兼業している場合が多い。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP