科学なぜなぜ110番

科学かがくなぜなぜ110ばんトップ へ

きみの質問にズバリ答える! 科学なぜなぜ110番


<PR>

質問と答

どうしてあくびがでるの

あくびは、ねむくなったとき、つかれがでたとき、たいくつしたとき、それから、部屋へや空気くうきわるくなったときなどにでることがおおいようです。
これらに共通きょうつうしているのは、こういうときののう(のう)ははたらきがにぶくなり、通常つうじょう活動かつどうをしていないということです。 おそらく、これがあくびがでる原因げんいんおもわれます。 しかし、なぜ、のうはたらきがにぶくなると、あくびがよくでるのかについては、いまのところ、まだよくわかっていません。
ここからさき想像そうぞうになるのですが、たぶんあくびをするときの動作どうさ関係かんけいがあるようです。 あくびには、おおきなくちをあけることと、いきをはきだすのではなくつよくすいこむという、ふたつのおおきな特徴とくちょう(とくちょう)があります。
まず、くちおおきくあけることからかんがえてみましょう。 このとき、ふつうではうごかさないような筋肉きんにく(きんにく)を、おもいきりうごかしています。 つまり、神経しんけい(しんけい)を使つかってのうつよ刺激しげき(しげき)して、にぶくなっているのう活動かつどう活発かっぱつにしようとしているのです。
つぎいきつよくすいこむことによって、あたらしい酸素さんそ(さんそ)をたくさん血液けつえきなかおくりこみ、のうをはじめたい全体ぜんたい活性化かっせいかさせています。
つまり、あくびは、なにかの原因げんいんで、一時的いちじてきににぶくなったのうからだに、また活動かつどうをさせるはたらきをしているといえそうです。