質問と答

人間にんげんはどうやってうまれてきたの,どうして人間にんげんはいるの

人間にんげん一番いちばんよくにている動物どうぶつはサルです。 サルと一言ひとことでいっても、いろいろな種類しゅるいのサルがいますが、一番いちばん人間にんげんちかいのは、チンパンジーで、ゴリラ、オランウータンとつづいています。 そして、このサルの祖先そせん(そせん)は、わたしたち人間にんげん祖先そせんおな動物どうぶつなのです。
わたしたちの祖先そせんを1000まんねんくらいまえまでたどっていくと、そのときにいたサルは、人間にんげん祖先そせんであると同時どうじに、チンパンジーやゴリラ、オランウータンの祖先そせんでもあるのです。 この共通きょうつう祖先そせんからオランウータンがかれ、つづいてゴリラがかれ、そして500まんねんくらいまえに、チンパンジーとヒトがかれたとかんがえられています。
かれてできたといっても、チンパンジーとヒトが、突然とつぜん(とつぜん)別々べつべつまれたわけではありません。 何千なにせんねんなに万年まんねんというなが時間じかんをかけ、すこしずつ変化へんかをしながら現在げんざいのようなすがたになったのです。 これを進化しんかといいます。 当然とうぜんそのかんには、チンパンジーから進化しんかし、ヒトの特徴とくちょう(とくちょう)をもちはじめ、ここからがヒトとよべるときがあるはずです。 もちろん進化しんかはだんだんとおきますから、はっきりとした境界線きょうかいせん(きょうかいせん)があるわけではありません。 そのなかで、いまわかっている最古さいこのヒトは、いまから400まんねんほどまえひがしアフリカにすんでいた動物どうぶつであるとされています。 「アフゼル猿人えんじん(アウストラロピテクス・アファレンシス)」とよばれているこの動物どうぶつは、まっすぐにち2ほんあしあるいていたことなどから、チンパンジーにはられない、ヒト独特どくとく特徴とくちょうをもっていました。 しかし、のう(のう)のおおきさはチンパンジーほどで、いまのヒトにくらべるとかなりちいさく、まだまだサルにちかかったヒトであり、進化しんか途中とちゅう(とちゅう)であることがわかります。
このアフゼル猿人えんじん子孫しそん(しそん)をのこしながら、つぎ世代せだいへとつないできたおよそ400まんねんあいだに、すこしずつからだ変化へんかし、現在げんざいのわたしたちがまれてきたとかんがえられています。

2018年8月更新

<PR>

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊