質問と答

最初さいしょ生き物いきものはどうやってうまれたの,なんだったの

この地球上ちきゅうじょう存在そんざいしているさまざまな生き物いきものたちは、およそ35おくねんまえ、ぐうぜんに誕生たんじょうした「最初さいしょ生き物いきもの」からえだわかれしてまれてきたとかんがえられています。
つまり、人間にんげんも、イヌも、さかな昆虫こんちゅう(こんちゅう)も、そして植物しょくぶつまでも、地球ちきゅうにいるすべての生き物いきもの祖先そせん(そせん)はおな生き物いきものだったのです。
しかし、その「最初さいしょ生き物いきもの」が、どんなものだったのか、どのように誕生たんじょうしたのかについては、おおくの学者がくしゃ研究けんきゅうつづけているにもかかわらず、まだよくわかっていないのです。おそらく「バクテリア」のような、かんたんなからだのしくみをちいさな生き物いきものであったとかんがえられています。
その、ちいさな生き物いきものが、なが年月ねんげつあいだすこしずつ変化へんかして、からだ構造こうぞう(こうぞう)も複雑ふくざつ(ふくざつ)になり、やがて動物どうぶつ植物しょくぶつなどさまざまな生き物いきものまれてきたのです。しかし、それがどのように変化へんかして、どのように誕生たんじょうしたのかについても、残念ざんねんながらまだわかっていないのです。
そのなかで、つぎのようなひとつのせつが、おおくの研究者けんきゅうしゃたちに支持しじ(しじ)されています。生き物いきものからだをつくっているもとは、アミノさんといわれるものです。35おくねんまえ地球ちきゅうには、すでにうみがあり、そのうみみずのなかに、アミノさん作り出つくりだすものがとけていました。
一方いっぽう地球上ちきゅうじょうでは、火山かざん爆発ばくはつ(ばくはつ)や、かみなり(かみなり)などがひんぱんにおこり、このときの火山かざんねつかみなり電気でんきによって、うみにとけていた材料ざいりょうからアミノさんつくられたのです。
そして、なが年月ねんげつあいだに、アミノさんからタンパクしつ(たんぱくしつ)がつくられ、そしてまたなが時間じかんをかけて、タンパクしつから、最初さいしょ生き物いきものまれた、というわけです。このようなことは、たびたびおこることではなく、ぐうぜんが何度なんど何度なんどもかさなりあったすえに、奇跡きせき(きせき)のように最初さいしょ生き物いきもの誕生たんじょう(たんじょう)した、とかんがえられているのです。

<PR>

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊