メニュー閉じる

人間はどうやってうまれてきたの,どうして人間はいるの

人間はどうやってうまれてきたの,どうして人間はいるの

人間に一番よくにている動物はサルです。 サルと一言でいっても、いろいろな種類のサルがいますが、一番人間に近いのは、チンパンジーで、ゴリラ、オランウータンと続いています。

そして、このサルの祖先(そせん)は、わたしたち人間の祖先と同じ動物なのです。
わたしたちの祖先を1000万年くらい前までたどっていくと、そのときにいたサルは、人間の祖先であると同時に、チンパンジーやゴリラ、オランウータンの祖先でもあるのです。 この共通の祖先からオランウータンが分かれ、続いてゴリラが分かれ、そして500万年くらい前に、チンパンジーとヒトが分かれたと考えられています。
分かれてできたといっても、チンパンジーとヒトが、突然(とつぜん)別々に生まれたわけではありません。 何千年、何万年という長い時間をかけ、少しずつ変化をしながら現在のようなすがたになったのです。 これを進化といいます。 当然その間には、チンパンジーから進化し、ヒトの特徴(とくちょう)をもちはじめ、ここからがヒトとよべるときがあるはずです。 もちろん進化はだんだんとおきますから、はっきりとした境界線(きょうかいせん)があるわけではありません。 その中で、今わかっている最古のヒトは、今から400万年ほど前、東アフリカにすんでいた動物であるとされています。 「アフゼル猿人(アウストラロピテクス・アファレンシス)」とよばれているこの動物は、まっすぐに立ち2本の足で歩いていたことなどから、チンパンジーには見られない、ヒト独特の特徴をもっていました。 しかし、脳(のう)の大きさはチンパンジーほどで、今のヒトにくらべるとかなり小さく、まだまだサルに近かったヒトであり、進化の途中(とちゅう)であることがわかります。
このアフゼル猿人が子孫(しそん)をのこしながら、次の世代へとつないできたおよそ400万年の間に、少しずつ体が変化し、現在のわたしたちが生まれてきたと考えられています。

PAGETOP