<PR>

質問と答

飛行機雲ひこうきぐもはどうしてできるの

飛行機雲ひこうきぐもられるようになったのは、いまから60ねんほどまえのことです。このころから、飛行機ひこうきが、たかそらをかなりはやいスピードでぶようになったからです。それまでは、そんなたかそら飛行機ひこうきはありませんでしたから、飛行機雲ひこうきぐももできなかったのです。
その飛行機雲ひこうきぐもができるところは、そらたかさが、地面じめんからやく6000m以上いじょうでなければなりません。そこは、温度おんどもかなりひくいために、そのあたりにできるくもは、ほとんどがこおりのつぶでできています。
こんな上空じょうくう飛行機ひこうきんでいくのですから、飛行機ひこうきのエンジンから水蒸気すいじょうき(すいじょうき)などは、ぜんぶこおりのつぶになってしまいます。それが地上ちじょうからるとしろくものようにえるのです。
また、飛行機ひこうきが、空気くうきがうすく、たかいところをぶと、そのうしろに、ちいさいうずまきができます。このうずまきが、まわりの空気くうき温度おんどきゅうげて、くも作り出つくりだすこともあります。このように、飛行機雲ひこうきぐもができる理由りゆうは、水蒸気すいじょうきとうずまきの2つがかんがえられていますが、実際じっさいには、どちらか片方かたほうだけではなく両方りょうほう原因げんいん(げんいん)がかさなってできる場合ばあいおおいようです。