メニュー閉じる

火山が噴火すると、何が起こるのですか?

火山が噴火すると、何が起こるのですか?

火山がはげしい噴火をすると、火山灰や二酸化イオウなどが、空高くまいあげられる。

これらのつぶの大きいものは重いのですぐに落ちてくるが、「エーロゾル」とよばれるつぶの小さいものは、長い間上空にとどまり、地球全体をおおうんだ。そうなると、太陽の光はエーロゾルにさえぎられ、地上にとどく太陽光線の量が少なくなり、地上の気温も低くなると考えられている。ちょうど日傘で日ざしをさえぎったようになるので、このことを「日傘効果」という。

1991年6月におきたフィリピンのピナツボ火山の噴火は20世紀最大級といわれ、ふきあげられた噴煙は成層圏まで達した。1992年になって地球全体の気温が下がったが、それはこの火山の噴火が原因といわれているんだ。

PAGETOP