牛のげっぷが地球温暖化を進めるってほんとう?

牛のげっぷが地球温暖化を進めるってほんとう?

牛のげっぷは温室効果ガスのひとつである「メタン」を多くふくんでいるため、地球温暖化を進めているというのは本当。

牛、ヒツジ、ヤギなどは、はんすう動物とよばれる。はんすう動物は胃を4個持っていて、食べた植物の消化を時間をかけて何度もくり返す。そのときにメタンガスが発生し、げっぷになって大気中に出るんだ。

メタンガスは二酸化炭素の50倍以上の温室効果を持っている。
大気中のメタンガスの20~30%が、はんすう動物のげっぷによるものだといわれている。

このため、げっぷを出しにくくする消化のいいえさの開発が進んでいる。

PAGETOP