メニュー閉じる

ウシのげっぷは温暖化に関係しているの?

ウシのげっぷは温暖化に関係しているの?

こたえ:ウシのげっぷは、地球温暖化(おんだんか)の原因の1つです。

ウシのげっぷは、メタンという気体を多くふくみます。メタンは、地球温暖化の主な原因と考えられている「温室効果(おんしつこうか)ガス」の1つ(関連記事「温室効果ガスにはどんなものがありますか?」。しかも、メタンの温室効果は、温暖化の原因としてよく知られている二酸化炭素(にさんかたんそ)の25倍以上にもなります※1。ですから、ウシのげっぷは地球温暖化の原因の1つだといえるのです※2

ウシと同じように、ヒツジやヤギ、シカなども、げっぷでメタンを排出しています。これらの動物に共通するのは、胃(い)を4つ持つ「はんすう動物」であること。はんすう動物は、いちど食べた物を胃から口へ何度かもどして、ゆっくりと消化していきます。そのとき、1つ目の胃の中にいる微生物(びせいぶつ)のはたらきでメタンが発生し、げっぷとして大気中へ出ていきます1

1頭のウシは、1日に300Lものメタンを排出(はいしゅつ)します(体重が約600kgのウシの場合)。また、日本の農林水産分野(農業、畜産業、林業、漁業)で排出される温室効果ガスの量は、約4747t2019年度)2。そのうち約16%に当たる約756tが、ウシなどの家畜(かちく)のげっぷで排出されたと考えられています。さらに世界全体でみると、家畜が出すげっぷにふくまれるメタンは、温室効果ガスの4%を占めます。

こうしたデータを見ると、なんだかウシが悪者のようで「かわいそう」と感じる人もいるかもしれません。そんな人も安心してください。今、ウシから出るメタンを減らそうという取り組みが進んでいます。

たとえば、日本の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、メタンの排出が少ないウシを研究しています3。ほかには、ウシから出るメタンを減らせるエサもあります。北海道大学などは、カシューナッツの殻(から)から取れるエキスをエサに混ぜてウシに食べさせると、胃でつくられるメタンの量が少なくなることを発見4。すでに、このエキスを配合したエサが販売されています。

※1 物質の温室効果を表す指標に「温暖化係数」(Global Warming PotentialGWP)があります。これは、その物質が地球を温暖化させる能力を二酸化炭素と比べた数字で、メタンがのGWP25100年間での影響を計算した場合)。つまり、メタンを1t排出すると、二酸化炭素を25t排出したのと同じくらいの影響があるのです。

※2 世界気象機関(WMO)や国連環境計画(UNEP)によって設立された組織「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は、20218月に公表した第6次評価報告書(AR6)で、気候に影響を与えているものの1つに「牛のゲップ」をあげています5

記事公開:2022年2月

参考資料

1) 農業・食品産業技術総合研究機構『農研機構ガイドコミック』「第4話 牛のげっぷと地球温暖化」:http://www.naro.affrc.go.jp/org/nilgs/guidecomic/04/index.html

2)農林水産省「気候変動に対する農林水産省の取組」.20217月:https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/attach/pdf/index-34.pdf

3)農業・食品産業技術総合研究機構「(研究成果)乳用牛の胃から、メタン産生抑制効果が期待される新規の細菌種を発見牛のげっぷ由来のメタン排出削減への貢献に期待.20211130日:https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nilgs/144910.html

4)小林泰男『ウシからのメタンガス排出低減をもたらす素材
「カシューナッツ殻液」の発見とその活用』〔出光興産 カシューナッツ殻液のすすめ〕.2021928日:https://www.idemitsu.com/jp/business/agri/product/raising/cnsl_lp/news_details15.html

5)環境省「IPCC AR6 特別報告書」:http://www.env.go.jp/earth/ipcc_ar6_sr_pamphlet.pdf

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP