メニュー閉じる

どうして寒いと息が白くなるの

どうして寒いと息が白くなるの

息が白くなるのは、冬の朝など、気温が低いときです。ふだんは何の色もない自分のはく息が、ある時白く見えるというのは、確かにふしぎな感じがします。

これは、人間の体温と外の温度の差が大きいから起きることです。
人間の体温は、だいたい36度から37度くらいと決まっています。日本の気温は、真夏のいちばん暑いときでも35度くらいですから、体温はそれより熱いことになります。人間のはきだす息は、その高い体温であたためられるために、体温と同じ37度くらいになってしまうのです。
その37度の熱い息が外の冷たい空気に急にふれるわけですから、息の中にあった水蒸気(すいじょうき)は、急に冷やされて、人間の目に見える細かい水の粒(つぶ)になります。それで、そのはく息が白く見えるのです。
温度は全然ちがいますが、ふっとうしたヤカンから出た水蒸気が、外の空気にふれて白いゆげになることと、よくにています。

PAGETOP