メニュー閉じる

おなかが痛くなるのは、なぜ?

おなかが痛くなるのは、なぜ?

こたえ:内臓(ないぞう)が原因のもの、腹膜(ふくまく)の神経がしげきされて起こるものなどがあります

おなかの痛(いた)み(腹痛)は、子どもにもよく起きる症状(しょうじょう)です。その時どきで痛みの大きさや痛み方がちがい、すぐに治まっても不安になることがあるでしょう。腹痛にはどんなものがあり、どんなことに気をつけなければいけないのか、知っておくと安心かもしれません。

腹痛は、大きく「内臓痛(ないぞうつう)」「体性痛(たいせいつう)」「関連痛」の3つに分けられます11つ目の内臓痛は、消化管が伸(の)びたり縮んだり、けいれんしたりしたときに、内臓の神経を通じて感じる痛みです。2つ目の体性痛は、腹膜(ふくまく)や腸間膜(ちょうかんまく、小腸を包んで支えている膜)、横隔膜(おうかくまく)といった機関に通っている知覚神経が刺激(しげき)されて起きます。そして3つ目の関連痛は、おなかから離(はな)れた場所の異常が引き起こします。

このうち内臓痛は、おなか全体が何となく痛いのが特ちょう。一定のリズムで痛くなったりおさまったりをくり返すことが多いようです。たとえば、下痢(げり)のときの痛みは内臓痛です。

それに対して体性痛は、痛む部分がはっきりしていて、鋭(するど)い痛みが続きます。急に走って脇腹(わきばら)が痛くなるのも、虫垂炎〔ちゅうすいえん、いわゆる盲腸(もうちょう)〕も、体性痛です。虫垂炎の場合、はじめは胃の辺りが痛み、それからだんだん虫垂の周辺が痛くなり、最後にはさしこむように痛くなります。これは、まず内臓痛が起き、その後、体性痛となっているためです。

3つ目の関連痛は、ある内臓で起きた痛みが脊髄(せきずい)神経に伝わり、臓器のある場所とは違う皮膚(ひふ)などに痛みを起こすものです。はなれた場所の異常が原因ですが、この場所が痛いときはこの臓器が原因、という大まかな関係性は分かっているので、原因を推定することができます。

このように、腹痛には3つのタイプがありますが、思わぬ病気がかくれている場合もあるので、医学の知識を持たない人が原因や重い/軽いを判断するのは危険です。「腹痛くらい」と軽く考えず、お医者さんの診察(しんさつ)を受けましょう。

クリニックや病院を受診(じゅしん)するときは、次のことを聞かれます3

・いつから痛いのか(例:昨日の夕食後から、今朝から)

・痛みに変化はあるか(例:食後に痛くなる、30分ごとに痛くなる)

・どの場所が痛いのか(例:全体、みぞおちの辺り、右下)

・どのように痛いのか(例:ズキズキ、チクチク、刺すような)

・ほかに症状はあるか(例:下痢、はき気、発熱)

・そのほか(例:飲んでいる薬、アレルギー、これまでかかった病気やケガ)

おなかが痛いときに上手に伝えるのはむずかしいかもしれませんが、これらの情報があると、診察がスムーズになるでしょう。家の人にも助けてもらって説明できるといいですね。

 

参考資料

1)広島県医師会小冊子.『知っておきたい腹痛(おなかが痛い)のポイント』.2010年

http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/188/

2)大幸薬品.「おなかの悩み相談室 腹痛の種類」:

https://www.seirogan.co.jp/fun/stomach/stomachache02.html

3)日本臨床外科学会「病院を受診してみましょう!」:

http://ringe.jp/civic/fukutu/fukutu_03.html

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP