メニュー閉じる

イヌの鼻はなぜ、ぬれているの?

イヌの鼻はなぜ、ぬれているの?

こたえ:においを確実にかいだり、体温を調節したりするためです。

イヌの鼻をさわると、ぬれて「ひやっ」と冷たく感じることがあります。わたしたちヒトの鼻はかわいていますから、ふしぎに感じますね。「鼻水かな」と心配になる人もいるかもしれません。

イヌの鼻をぬらしているのは、もちろん、鼻水ではありません。水分の正体は、涙(なみだ)と、鼻のおくの方でつくられる分泌(ぶんぴつ)液です1。「涙腺」(るいせん)とよばれる器官でつくられた涙が鼻へと流れ、「外側鼻腺」(がいそくびせん)から出てくる分泌液と混ざります。それが、鼻の表面の溝(みぞ)「鼻鏡」(びきょう)にたまっているのです。

では、鼻がぬれていると、どんな良いことがあるのでしょうか。鼻ぬれていることの利点は、大きく分けて2つです2

まず1つ目は、においを確実にキャッチできること。よく知られているように、イヌは鼻のよい動物です。イヌの種類やにおいの種類などによって異なりますが、「嗅覚」(きゅうかく、においの感覚)は、ヒトの1億倍ともいわれています。

このすぐれた嗅覚を実現する仕組みの1つが、鼻鏡です。鼻鏡にたくわえられた水分が空中にただよっているにおいの分子を吸着(きゅうちゃく)すると、感度が高まるのです(関連記事「どうしてイヌの鼻はいいの」)。水分が足りなくなると、とらえられるにおいの分子が少なくなって感度が下がるため、「ぺろり」と自分の鼻をなめて、だ液で水分をおぎなうこともあります※1

2つ目の利点は、体温調節。鼻鏡から水分が蒸発(じょうはつ)するときの気化熱を利用して、よぶんな熱を外に出し、体温を下げています※2

「イヌの鼻がぬれているのは、元気なしょうこ」とか、「イヌの鼻がかわいていたら、病気かもしれない」と聞いたことがあるかもしれません。毎日、愛犬の鼻をさわって健康かどうかをチェックしている、という人もいるでしょう。じっさい、体調が悪いときは鼻がかわいたり、ひびわれができたりする場合があるため、鼻がぬれているかどうかは、イヌの健康状態を知る目安になります3

ただし、健康なイヌでも、寝ているときやはげしい運動の後などには、体温が上がって鼻がかわくこともありますし、年をとったイヌは鼻がかわきやすくなります。イヌを飼(か)っている人は、鼻がぬれているか、だけではなく、鼻のまわりの皮ふの状態はどうか、出血はないか、痛がっていないかなど、よく観察して健康状態をチェックしてあげましょう。

※1 イヌが鼻をなめるのには、水分をおぎなうほか、鼻を清潔(せいけつ)にたもつ、自分の気持ちを落ち着かせる、といった意味もあります。

※2 鼻だけではなく、舌からも放熱しています。

記事公開:2022年1月

参考資料

1)「犬の鼻がいつも濡れている理由とは?乾いているときの注意点まで」『わんちゃんホンポ』.ピーネストジャパン:https://wanchan.jp/living/detail/6238

2)「なぜ犬の鼻は濡れているのか」『the WOOF.WOOFOOhttps://woofoo.jp/editors_desk/why-do-dogs-have-wet-noses/

3)「【獣医監修】犬の鼻は湿っている方が健康というのは本当か」『いぬのきもち WEB MAGAZINE.ベネッセコーポレーション:https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=32692

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP