メニュー閉じる

地球で最初の生き物は、いつ、どこで生まれたの?

地球で最初の生き物は、いつ、どこで生まれたの?

こたえ:約40億年前に深海(しんかい)で生まれたと考えられています。

わたしたちヒトはチンパンジーなどの類人猿(るいじんえん)と同じ祖先(そせん)から進化したと考えられています(関連記事「人間はいつ、サルから分かれたの?」)。もっと昔までさかのぼると、500万~3000万種ともいわれる地球上の生き物すべてが1つの祖先にたどりつきます。これが、地球で最初の生き物です。

この「最初の生き物」は、約38億年前に海で生まれたとされていました。けれども、2017年に東京大学などの研究グループは、「約40億年前には生命がいたのではないか」という研究成果を発表しました1。最初の生き物が生まれた年代は、今後の研究でさらに変わるかもしれません。

いずれにしても、最初の生き物は1つの細胞(さいぼう)からできた「単細胞(たんさいぼう)生物」でした。それが10億年以上の時間をかけて少しずつ進化し、やがて「多細胞(たさいぼう)生物」があらわれます2。さらに約54000年前「カンブリア紀」になり、今いる動物の祖先となる動物も誕生(たんじょう)しました。

残念ながら、最初の生き物がどのように生まれ、どのような姿(すがた)で、どのように暮らしていたのかは分かっていません。というのも、最初の生き物は化石が残っていないのです。そこで、遺伝子(いでんし)の解析(かいせき)や海底の土の分析(ぶんせき)などから生き物の起源にせまろうと、たくさんの研究者が調査や実験、分析に取り組んでいます。

たとえば日本の海洋研究開発機構(かいようけんきゅうかいはつきこう)は、6500mの深さまでもぐれる船「しんかい6500」を使った調査(ちょうさ)や、さまざまな実験をくり返しました。2015年の発表によると、研究の結果「地球の生命は、地球の有機物(ゆうきぶつ)を使って、深海の熱水噴出孔(ねっすいふんしゅつこう:地下のマグマで温められて高温になった海水がふき出す場所)のまわりで生まれた」という説が確認(かくにん)できたそうです3

さて、最初の生き物の材料になった有機物。もしかしたら、地球にあったものだけではなく、宇宙からやって来たものもふくまれていたかもしれません。隕石(いんせき)が海に落ちたことが最初の生き物の誕生にどうかかわったか、などのテーマでも研究が進んでいます。隕石がきっかけになって、わたしたちの祖先が生まれたと想像すると、宇宙が身近に感じられますね。

 生命の起源についての疑問は、古くから人々をなやませてきました。宇宙探査や地球深部の研究のような科学が発展する以前は、その答えとして、世界中で神話が生まれました。鳥のたまごから世界が生まれた、神が海底のどろから人間をつくり出したなど、さまざまな物語が伝わっています。

 古代ギリシャの哲学者たちも、この問題に取り組みました。アリストテレス(紀元前384-322年)は、生物が親からではなく無生物(生き物以外)から発生することもある、という「自然発生説」を提唱(ていしょう)しました。それによると、ミツバチやホタルは草の露(つゆ)から、ウナギやエビは海底のどろから生まれることもあるそうです。

 それらが正しくないことをわたしたちは知っていますが、1860年代にルイ・パスツール(Louis Pasteur1822-1895年)の実験によって完全に否定(ひてい)されるまで、自然発生説は長く信じられていました4

記事公開:2022年1月

参考資料

1)東京大学「地球最古の海洋堆積物から生命の痕跡を発見! 40億年前の微生物による炭酸固定の証拠」:https://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/topics/files/20170928pressrelease.pdf

2)海洋研究開発機構『海と地球を学んじゃうコラム』「地球46億年の歴史と生命進化のストーリー」:https://www.jamstec.go.jp/sp2/column/04/

3)三菱財団「Challenge for the Future:助成者インタビュー【vol.5】地球の海から宇宙の海へ、生命の起源を求める探究者の旅は続く」:https://www.mitsubishi.com/ja/profile/csr/philanthropy/interview05/

4)山口雄輝/編著,成田 /著『基礎からしっかり学ぶ生化学』.2014.羊土社:https://www.yodosha.co.jp/bookdata/9784758120500/9784758120500_chapter0.pdf

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP