メニュー閉じる

太陽の大きさはどれくらい?

太陽の大きさはどれくらい?

こたえ:直径は約139万2000kmです。

太陽の直径(赤道直径)は約1392000kmで、地球の約109倍、月の約400倍もあります1。太陽が直径1mの球だとすると、地球はビー玉ほど。地球が直径1mの球だとすると、太陽は東京ドームくらいの大きさです2

太陽の表面でまわりより温度の低い場所「黒点(こくてん)」や、「プロミネンス」とよばれる炎(ほのお)も、地球より大きなものが何度も観測(かんそく)されています。たとえば201410月には、地球の約66倍の面積の黒点群があらわれました32004年には、ぐんま天文台の太陽望遠鏡(ぼうえんきょう)が地球の20倍の高さのプロミネンスをとらえました4

こんなに大きな星なのに、地球から見た太陽の大きさは月とあまり変わりません。それは、太陽が地球から遠くはなれた場所にあるからです。地球と太陽の距離(きょり)は約15000km。光が1秒間に進む距離は約30kmですから、太陽を出発した光が地球にとどくまでには約820秒かかるほどの距離です。地球と月の距離は約38kmで、太陽は月と比べて約400倍もはなれているため、わたしたちには太陽と月が同じくらいの大きさに見えるのです。

ここで、太陽系のほかの惑星(わくせい)の直径を比べてみましょう。水星は約4879km、金星は地球とほぼ同じ約12104km、火星は地球の半分ほどの約6792km。木星は約142980kmで、土星は約12536km、天王星は約51118km、海王星は約49528kmです。もっとも大きな木星は地球の約11倍にもなりますが、それでも太陽の1/10くらいしかありません。

ところが、宇宙はとてつもなく広いものですから、太陽よりも大きな恒星(こうせい)がたくさん見つかっています。それらと地球との距離や大きさは変わることもありますし、観測に使う望遠鏡(ぼうえんきょう)の性能や分析(ぶんせき)の精度が上がるにつれてデータがたびたび修正されるので、1位がどの星かを特定するのは難しいのですが、はくちょう座の方向にある「はくちょう座V1489星」や、いっかくじゅう座にある「いっかくじゅう座V838星」、大マゼラン雲にある「WOH G64」などは、太陽の1000倍以上の直径をもつと考えられています。

記事公開:2022年1月

参考資料

1)国立天文台「太陽系天体の半径」『暦Wiki』:https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/CFC7C0B12FC8BEB7C2.html

2)永井智哉『地球がもし100cmの球だったら』.2002.世界文化社

3)国立天文台「24年ぶりの巨大黒点出現」:https://www.nao.ac.jp/gallery/weekly/2015/20151013-solar.html

4)ぐんま天文台「速報! 20041023日の巨大プロミネンス」:http://www.astron.pref.gunma.jp/news/041023big_prominence.html

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP