メニュー閉じる

流れ星はどこからやって来るの?

流れ星はどこからやって来るの?

こたえ:小さな星くずが地球に落ちてきます

急にあらわれて、あっという間に消えてしまうことから「光っている間に3回となえれば願いごとがかなう」ともいわれる流れ星(関連記事「流れ星は本当にねがいがかなうの」)。めずらしい天文現象というイメージがありますが、実は毎日のように見られるそうです。そして、さらに意外なことに、その正体はちり。宇宙空間からやって来た直径1mmから数cmの小さなちりのつぶが地球の大気とはげしく衝突(しょうとつ)して気化し、大気の成分と混ざり合って光を放つ現象が、流れ星(流星)です1

では、流れ星のもととなるちりは、どこからやって来るのでしょうか。それは、太陽の周りを回る小さな天体「彗星(すいせい)」です。彗星といえば、太陽からのエネルギーを受けて吹き出す尾がまっさきに思い浮かびますが、彗星の周りには、その尾とは別に、比較的大きなちりの列ができていて、彗星といっしょに軌道(きどう)を回っています。こうしたちりが、流星となって地球上に落ちてくるわけです。

彗星が太陽の周りを何度も回るうちに、ちりの列は軌道全体に広がる帯のようになります。彗星の軌道と地球の軌道が交差する場合、地球が彗星の軌道に突入すると、ちりがまとまって地球の大気に飛びこんできます。これが「流星群(りゅうせいぐん)」です。地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ同じなので、これらは1年に1度、ほぼ同じ時期に見られます。

それぞれのちりは、帯のようになっているためほぼ平行に地球に入ってきますが、その様子を地上から見ると、それらは空のある1点から放射状に飛び出してくるように見えます。遠く先までまっすぐ続く道路を見ると、1点から広がっているように見えるのと同じです2。流星群の名前は、流星が飛び出すときの点(放射点)のある星座から取られます。流星群で有名なのは「しぶんぎ座流星群」「ペテルギウス座流星群」「ふたご座流星群」の「三大流星群」。そのほかに「4月こと座流星群」「おうし座南/北流星群」「オリオン座流星群」などがあります。

 

毎年の流星群のシーズンを待てば、高い確率で流星を見られますが、その時期を待ち切れないという人もいるかもしれません。そんな人には「人工流れ星」がおすすめ。彗星のちりのような直径1cmくらいの粒をつくって人工衛星に搭載(とうさい)し、宇宙空間で放出して大気圏(たいきけん)に突入させることで流星を再現するしくみで、地球上の指定された場所で、発光させることができます3ALE(エール)という日本の会社と大学が協力して技術を開発しています。ただし、人工流れ星が実現するのは2023年の予定。プロジェクトの成功を、流れ星にいのりましょう。

参考資料

1)国立天文台.「流星群とは」:

https://www.nao.ac.jp/astro/basic/meteor-shower.html

2)「流星のメカニズム」『ウェザーニュース』:

http://weathernews.jp/smart/star/orion/about.html

3ALE.TECHNOLOGY」:

https://star-ale.com/technology/

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP