メニュー閉じる

飛行機はどうして空をとべるの

飛行機はどうして空をとべるの

鳥が空を飛べるのは、鳥が翼(つばさ)をもっているからです。飛行機が空を飛べるのも、やはり翼があるからなのです。

しかし、翼ならどんな形のものでも空を飛べるというわけではありません。飛行機の翼は、切り口がある決まった形をしています。その形は、カマボコのように下が平たく、上が丸くなっています。
このような形の翼に前から空気が当たると、空気は上下に分かれて流れます。翼の下側は平たいために、空気の流れる距離(きょり)は短く、反対に、翼の上側は丸くなっているために空気の流れる距離は長くなります。ふた手に分かれた空気が、翼の終わったところでまた合流するためには、翼の上側を流れる空気は、翼の下側を流れる空気より速く流れなければなりません。
そのため、空気が速く流れる翼の上側は、空気がゆっくり流れる翼の下側より空気がうすくなります。すると、その空気のうすくなった方に向かって、空気のこい下側から、翼を持ち上げようとする力がはたらくのです。
この力を「揚力(ようりょく)」といいます。この揚力によって飛行機は空中にうかび上がったり、飛んだりすることができるのです。
ただしそのためには、もちろん飛行機が速いスピードで走って、速い空気の流れを翼に当てなければなりません。飛行機が飛び上がるために、強力なエンジンで速度を上げながら滑走(かっそう)するのはそのためなのです。

PAGETOP