メニュー閉じる

まんが「地球防衛隊SDGs」特別編 ゴミの分別で地球を救う!?②

まんが「地球防衛隊SDGs」特別編 ゴミの分別で地球を救う!?②

「SDGs」についてまんがで楽しく学んじゃおう! 
今回はペットボトル、アルミかん、スチールかんを自動で分別できる魔法まほうのようなゴミ箱を発明した姉弟が登場するよ。
前回の 特別編第一話はコチラ!

回収(かいしゅう)場所や自治体によって分別方法が(ちが)うことがあるので、ゴミを()てるときはきちんと確認(かくにん)してから()てよう!

「大事な(だれ)かへの思い」が、世界の問題解決(かいけつ)にもつながる!

ねえ、スモール。神谷(かみや)明日香(あすか)さんと(ひびき)くんが発明した「()(かん)ペットボトル分別箱」、すごかったね! 分別の仕組みをもう一度ちゃんと知りたいな!

スモール

オッケー! じゃあ、まずは明日香(あすか)さんが発明した「アルミ(かん)とスチール(かん)の分別の仕組み」から説明するよ。

スモール

明日香(あすか)さんは、「スチールは磁石(じしゃく)にくっつき、アルミはくっつかない」という性質(せいしつ)を利用して、こんな仕組みをつくったんだよ。
まずは、()(かん)の投入口のすぐ下に磁石(じしゃく)設置(せっち)する。すると、アルミ(かん)を入れるとそのまままっすぐ落ち、スチール(かん)磁石(じしゃく)のほうに()()せられて落ちるよね。
こうして自動で分別ができるって仕組みだ!

なるほど、スチール(かん)だけ、磁石(じしゃく)()()せられて進路がまがり、落ちるところが変わるってことだね!
そういえば何度も試行錯誤(しこうさくご)()り返して完成した、って言ってたけど、どんなところに苦労したんだろう。

スモール

明日香(あすか)さんは、スチール(かん)磁石(じしゃく))くっついたままにならないように、投入口の下に「(なな)めの板」をつけて、スムーズに下まで落ちるようにしようとした。でも、この(なな)めの板の長さが、長すぎても短すぎてもうまくいかなかったんだそう。何度も試行錯誤(しこうさくご)()り返して、ついにちょうどいい長さを発見したんだって!

スゴイ! わずかな板の長さの(ちが)いが、分別がうまくいくかどうかの分かれ目だったんだね。
(ひびき)くんが発明した、ペットボトル分別の仕組みは?

スモール

ペットボトルの大きさはさまざまだけど、ペットボトルのキャップはすべて同じ大きさ。このことに注目した(ひびき)くんは、ゴミ箱の口に(なな)めの板を配置することで、キャップがひっかかり、ペットボトルだけが分別箱の(はし)に落ちるようにしたんだ。

ペットボトルのキャップに注目したところがおもしろいなあ!
二人とも、「身近な人を助けたい」っていう思いから、スゴイ発明をなしとげたんだね。近くにいる(だれ)かへの思いから始めて、試行錯誤(しこうさくご)していけば、いつか世界のゴミ問題だって解決(かいけつ)できちゃうかも…。そう思ったらなんだかワクワクしてきたよ!

スモール

本当だね!みんなも小さなことから試行錯誤(しこうさくご)してみよう!
登場した「()(かん)ペットボトル分別箱」は、おおさかATCグリーンエコプラザの学研キッズネットブースで4月6日から展示(てんじ)されるよ! みんな見にきてね!

まんが執筆者

奈良裕己 (ならゆうき)

マンガ家・イラストレーター。雑誌(ざっし)・書籍(しょせき)・Web・テレビなどで幅(はば)広く活動中。プライベートでは中学生になる娘を心配してばかりの日々……。著書(ちょしょ)『いとしの印刷ボーイズ』『印刷ボーイズは二度死ぬ』/GetNavi web「今日も下版(げはん)はできません!」ほか

奈良さんのウェブサイト

編集協力・解説パート執筆/ 塚田智恵美

PAGETOP