シリーズ 専門家にきく!

国語辞典のひみつ 学研 子ども向け国語辞典編集室インタビュー 第2回(全4回)

第2回 子ども向け国語辞典のひみつ、つぎつぎに言葉を引きたくなる工夫

今回は子どもが国語辞典を使いやすくするための編集上の工夫について、具体的にうかがっていきます。

国語辞典のひみつ 学研 子ども向け国語辞典編集室インタビュー 第2回(全4回)

――子ども向け国語辞典の特長はどんなところにあるのでしょう。

今井:大人向けと子ども向けの国語辞典では、収録語の基準自体がちがっています。小学生向けの辞典では、小学校の国語の教科書にのっている言葉をできるだけのせるようにしています。

また大人向けの国語辞典には、豊臣秀吉とかグリム兄弟といった人名の見出し語は基本的にありませんが、小学生向けの辞典には、歴史人物や有名な作家名をのせています。本の名前、都道府県名などがのっているのも小学生向け辞典の特長ですね。

――イラストがたくさんありますね。イラストを入れる基準はどんなものですか?


今井:言葉で説明しただけでは理解がむずかしいものを中心にイラストを入れています。たとえば、「糸車」「縁台」「しょいこ」など昔の道具。「いろりばた」と言われても、実際にいろりを見たことがないと、言葉の説明だけではわかりにくいですよね。身近な場所では見かけなくなりましたが、昔話や読み物にはよく登場しますので、子ども向け辞典ではおさえておきたいんです。

森川:語源にかかわる言葉も、意識してイラストや写真を使うようにしています。「のろしをあげる」を調べて「のろし」ってなんだろう? と思ったときに、イラストがあればおもしろいと思って調べてもらえるかな、というような考えで入れています。

――イラストのほかに写真も使っているのですね。

今井:こちらを見てください。「いすかのはしの食いちがい」という、ことわざの項です。ものごとが食いちがって思うようにならないことのたとえを説明していますが、写真を見てわかるように、「いすか」という鳥は上下のくちばしの先が曲がって交差していて、ぴったり合っていないんですよ。


――わかりやすいです! 写真を見れば一目りょう然ですね。

今井:日本語には、もともとの意味がある言葉から派生している語が多いんです。そうした語源的なものにも興味を持ってもらいたいので、写真なども使ってわかりやすくする工夫をしています。

――小学生用の辞典ならではという編集の工夫があったら教えてください。

今井:一覧にすることによってわかりやすくできるものは、一覧でのせています。たとえば「内臓」を引くと人間の内臓のイラストがでてきます。内臓という言葉だけでなく、内臓のなかにいろいろな臓器があることを知って、そのなかの「肺」に興味があったら、「は」のところで肺の説明を引いてみる。そういうふうに、勉強を発展させられるように工夫しています。

そうやってつぎつぎに調べるときのために、ページ上部に付せんがはれるスペースをあけて、付せんをはったときに言葉がかくれないようにしました

――付せんのスペースがあると子どもはとても使いやすそうですね。子ども向けに説明するためにとくに工夫した語があれば教えてください。


森川:「ぬるい」です。大人は適温とちがうという説明でイメージできますが、子どもに説明するときに「ジュースがぬるい」「お茶がぬるい」は、同じ「ぬるい」でもちがうものとして説明する必要があると考えて、①水などの温度が生あたたかい、という意味と、②湯などの温度がちょうどよい温度より少し低い、それと、「ぬるいやり方」というような③精神的にきびしくない、という3つの意味をのせています。

②については、さらに、「お風呂がぬるい」「お茶がぬるい」とでは、温度がだいぶちがうものを用例で示しています。ぬるいお茶の温度でもお風呂だったら入れないくらい熱いですもんね。

きめ細かな工夫がされていたことに、あらためて感動しました。次回は、子ども向け国語辞典ができるまでのステップについてうかがいます。

第1回 いまどきの辞典って、どうなってるの?
第2回 子ども向け国語辞典のひみつ、つぎつぎに言葉を引きたくなる工夫
第3回 子ども向け国語辞典ができるまで
第4回 辞書のひみつ

関連記事

はじめての辞書ってどうやって選べばいいの? 新小1向け 国語辞典・徹底比較座談会

梅本真由美(うめもとまゆみ)
サイエンスライター。
長野県出身。NTT勤務を経てNTT系列の広告代理店で編集・マーケティング・企業向けWebページの企画制作などを担当。結婚後は専業主婦となる。2002年、 「天文台マダム日記」の公開がきっかけでライターに転身、朝日新聞・天文雑誌などに執筆多数。現在、月刊星ナビにて「天文台マダムがゆく」、国立天文台の公式サイトにて「天文台マダム VERAに夢中!」を連載中。