PR

  メニュー閉じる

PR

実験

くるくる静電気モーター

実験 くるくる静電気モーター

ブリキのカップにアルミはくの帯をつけて、その真ん中に、アルミテープをはったプラスチックカップをセットすれば、静電気モーターのできあがり。ティッシュペーパーでこすった下じきをアルミはくの帯のアンテナに近づけると…プラスチックカップが回るかな? この静電気モーターを使って、静電気がおきやすい組み合わせをさがしだそう!

用意するもの

  • プラスチックカップ
  • プッシュピン
  • アルミテープ(キッチン用)
  • アルミはく
  • 円柱のもの(歯ブラシケースなど)
  • ブリキポット2こ(とそうしていないもの)
  • プラスチックトレイ
  • プラスチックの下じき
  • ティッシュペーパー
  • はさみ
  • セロハンテープ
  • 両面テープ
  • えんぴつ
  • ものさし
  • シールなどかざるもの

発展

  • 静電気をおこすもの

実験方法

静電気モーターを作る

※アルミテープとアルミはくは、なるべくよごさないようにし、4のあとにティッシュペーパーで軽くふいておこう。

1

アルミテープをはば5mmくらいに切る。

注意:はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

2

1で切ったアルミテープを、プラスチックカップの外側に5mm間かくではる。カップの底のまん中(なるべく正確に)にプッシュピンをさす。

※カップがつぶれないように注意しよう。

3

長さ25cmくらいのアルミはくをたてに2回くらいおって、はば1cmの帯を3本と2cmの帯を1本つくる。
2回くらいおる。

※ピカピカの面を表にしよう。

4

アルミはくの帯のはしをセロハンテープでブリキポットの内側にはる。一番右だけ、はば2cmのアルミはくの帯をはる。

5

プラスチックトレイのまん中に、円柱のものを立て、その左右にブリキポットを置く。円柱のものの上にプラスチックカップを置く。

6

まん中の2本のアルミはくの帯の先をプラスチックカップから5mmくらいはなれているように切る。一番右のはば2cmのアルミはくは、ブリキポットのふちから5cmくらいのこして切る。

※プラスチックカップが円柱のものの上で回ることをたしかめる。

注意:はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

静電気モーターを回す

下じきをティッシュペーパーでこすって静電気をおこしながら、下じきをアンテナ(はば2cmのアルミはく)に近づけると、プラスチックカップがゆっくり回り出す。

シールなどでかざるとかわいいよ。

※プラスチックカップが重くならないようにしよう。また、アルミテープをはった部分はかざらないようにしよう。

発展

静電気モーターの反応(はんのう)を使って、こすり合わせたときに静電気が起きやすいものと起きにくいものの組み合わせを調べよう。
たとえば、右の表の左右に遠いもの同士をこすり合わせると静電気が起きやすく、近いもの同士では起きにくいよ。

まとめ方

静電気モーターのつくり方をかく。静電気を近づけるとどんなふうに動くかを、よく観察して書こう。静電気モーターの反応を使って、こすり合わせたときにどうなるか書き、静電気が起きやすいものと起きにくいものの組み合わせを調べてまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

静電気モーターが回るしくみ

ティッシュペーパーでこすった下じきには、電子(マイナスの電気)がたまる。下じきをアンテナに近づけると、電子はブリキポット、アルミテープ、ブリキポットに移動(いどう)して、最後は、つくえに出ていくんだ。
このとき、ブリキポットとアルミテープの電子が反発し合って、プラスチックカップが回るよ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • プッシュピンの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけよう。
  • シールやテープを皮ふやかみの毛にはらないこと。
  • 静電気モーターを火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • 静電気モーターをぶつけたり、重いものをのせないようにしよう。また、ゆかに置いたままにすると、ふみつけてけがをすることがあるよ。使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。
  • 湿度が高いと静電気が発生しないので、この実験をするときは、エアコンを除湿にして湿度を下げた部屋の中でしよう。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP