PR

  メニュー閉じる

 

読書(どくしょ)感想文(かんそうぶん)()(かた)カンペキナビ

ステップ2
 (ほん)()(かた)

(ほん)()(とき)は、ばくぜんと()んじゃダメ!
()(かた)のコツを(おし)えちゃうよ!

(ほん)集中(しゅうちゅう)して()もう!

(ほん)()むときは集中(しゅうちゅう)して()もう。
物語(ものがたり)であれば、「主人公(しゅじんこう)はなぜ、そんなことをしたのだろう」「自分(じぶん)だったらどうするかな?」など、物語(ものがたり)登場(とうじょう)する(ひと)()()ちを(かんが)えながら()むと、おもしろく()めるよ。

<ruby><rb>本</rb><rp>(</rp><rt>ほん</rt><rp>)</rp></ruby>を<ruby><rb>読</rb><rp>(</rp><rt>よ</rt><rp>)</rp></ruby>むときはしんけんに、<ruby><rb>集中</rb><rp>(</rp><rt>しゅうちゅう</rt><rp>)</rp></ruby>して<ruby><rb>読</rb><rp>(</rp><rt>よ</rt><rp>)</rp></ruby>もう

()になったポイントに一言(ひとこと)メモをつける

感動(かんどう)したり、不思議(ふしぎ)(おも)ったり、自分(じぶん)ならこうするなぁ~、なんて(おも)ったところに(しるし)をつけたり、メモをはりながら()んでみよう。
自分(じぶん)(ほん)なら、(ほん)にちょくせつ()きこんでもいいね。
メモをとるのがむずしいときは、印象(いんしょう)(のこ)ったポイントにアンダーラインを()れるのもいいよ。

<ruby><rb>本</rb><rp>(</rp><rt>ほん</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>内容</rb><rp>(</rp><rt>ないよう</rt><rp>)</rp></ruby>で<ruby><rb>気</rb><rp>(</rp><rt>き</rt><rp>)</rp></ruby>になったところに<ruby><rb>一言</rb><rp>(</rp><rt>ひとこと</rt><rp>)</rp></ruby>メモや<ruby><rb>印</rb><rp>(</rp><rt>しるし</rt><rp>)</rp></ruby>をつけておこう

(ほん)のさし()写真(しゃしん)をしっかり()

(ほん)にのっている()写真(しゃしん)も、主人公(しゅじんこう)気持(きも)ちや(ほん)内容(ないよう)をよくあらわしているよ。
文章(ぶんしょう)だけでなく、()写真(しゃしん)もしっかりと()よう!

<ruby><rb>文章</rb><rp>(</rp><rt>ぶんしょう</rt><rp>)</rp></ruby>だけでなく、<ruby><rb>本</rb><rp>(</rp><rt>ほん</rt><rp>)</rp></ruby>のさし<ruby><rb>絵</rb><rp>(</rp><rt>え</rt><rp>)</rp></ruby>や<ruby><rb>写真</rb><rp>(</rp><rt>しゃしん</rt><rp>)</rp></ruby>もしっかりと<ruby><rb>見</rb><rp>(</rp><rt>み</rt><rp>)</rp></ruby>よう

ステップ1へもどる

ステップ3へすすむ


 

PAGETOP