<PR>

質問と答

どうしてわるくなるの

わるくなる原因げんいんには、ふたつあります。ひとつは、目の玉めのたまかたちが、たまごのようにすこし細長ほそながくなっていて、おくのところがふつうよりひきっこんでしまうためです。こうなるとうまくピントがわなくなり、わるくなってしまいます。
こうなるのは、遺伝いでん(いでん)によってではないかといわれています。つまり、わる両親りょうしんからはわる子供こどもがうまれることがおおいのです。ぎゃくに、のいい両親りょうしんからは、のいい子供こどもがうまれやすいということにもなります。
もうひとつの原因げんいんは、なかにある水晶体すいしょうたい(すいしょうたい)というものがうまくはたらかなくなってしまうということです。
水晶体すいしょうたいというのは、カメラのレンズのようなもので、あつみをかえることでピントをわせるはたらきをしています。とおくをているときは、水晶体すいしょうたいはうすいレンズになっていますが、ちかくをているときは水晶体すいしょうたいあついレンズになっています。
ところが、ちかくばかりをずっとていると、水晶体すいしょうたいあついレンズになりっぱなしで、そのまま、完全かんぜんもとにもどらないことがあります。そうなると、ちかくはえてもとおくはぼやけてよくえなくなってしまうのです。
ちかくをじっと長い間ながいあいだていることは日常にちじょう生活せいかつでけっこうあることです。たとえば、わる姿勢しせい(しせい)でほんむ。勉強べんきょうする。テレビをる。テレビゲームをやる。これらは、みんなちかくをなが時間じかんていることです。しかし、いまあげたことをするとかならわるくなるかというとそうでもありません。熱心ねっしん勉強べんきょうにも、テレビゲームばかりやっているひとにもがいいひとはいるのです。つまり、こういうことは、わるくなるきっかけにはなりますが、それだけでわるくなるわけではないのです。
かんじんなのは、何事なにごともやりすぎないということです。テレビゲームをすこしやったら、つぎそとあそんだり、すこしテレビをたらその勉強べんきょうをする、など時間じかん区切くぎっておこなえば、すこしぐらいテレビゲームをやったりテレビをたとしても、それだけでわるくなることはまずないでしょう。