<PR>

質問と答

あめはどうしてふるの

にはえませんが、空気くうきなかには水蒸気すいじょうき(すいじょうき)がふくまれています。この水蒸気すいじょうきは、もともと地球上ちきゅうじょうみず蒸発じょうはつ(じょうはつ)してできたものです。うみみずうみみずや、地面じめんにふくまれているみずは、わたしたちがづかないうちに、いつもすこしずつ蒸発じょうはつして水蒸気すいじょうきになっているのです。せんたくぶつがかわくのも、みず蒸発じょうはつして水蒸気すいじょうきになっているからなのです。
そして、蒸発じょうはつした水蒸気すいじょうきそらにのぼっていくと、上空じょうくう温度おんどひくいために、水蒸気すいじょうきやされて、ちいさいみずのつぶになったり、またはこおりのつぶになったりします。このようなみずこおりのつぶがたくさんあつまってそらにうかんでいるのが、くもです。
くもなかでは、ちいさなこおりのつぶやみずのつぶがくっつきあって、だんだんおおきくなります。すると、おもくなってそらにうかんでいられなくなり、ちてくるのです。それがあめなのです。
日本にほんでふるあめのほとんどは、くもなかではこおりのつぶです。こおりのつぶがおおきくなって、それがちてくるとちゅう、地上ちじょうちかくでとけてみずわったものです。ふゆさむになると、こおりのつぶのかたまりがとけずにそのままふってくることになります。これが、ゆきというわけです。