メニュー閉じる

「目がわるくなる」ってどんなこと?

「目がわるくなる」ってどんなこと?

こたえ:視力(しりょく)低下(ていか)は、(ひかり)屈折(くっせつ)をうまく調整(ちょうせい)できなくなることなどが原因(げんいん)()こります。

「ゲームばかりしていたら、()がわるくなるよ」「タブレットに(かお)(ちか)づきすぎると、()がわるくなるよ」――こんなふうに大人(おとな)から注意(ちゅうい)されて、しぶしぶゲームを()()げたり、あわてて画面(がめん)から(かお)(とお)ざけたことはありませんか? けれども、(なか)には『「()がわるくなる」と()われてもピンとこない』という(ひと)もいるはず。()がわるくなるとは、実際(じっさい)はどんな変化(へんか)()きているのでしょうか。

大人(おとな)()どもに「()がわるくなる」と()うとき、たいていは「近視(きんし)」「遠視(えんし)」「乱視(らんし)」のように視力(しりょく)低下(ていか)することを()します。視力(しりょく)は、()のはたらきのうち(もの)をどれだけ(こま)かく見分(みわ)けられるかを(あらわ)尺度(しゃくど)。つまり「視力(しりょく)低下(ていか)する」とは、(もの)見分(みわ)けにくくなるということです。

()は、「眼球(がんきゅう)」を中心(ちゅうしん)に、眼球(がんきゅう)とまぶたをつなぐ「結膜(けつまく)」や、眼球(がんきゅう)がとらえた情報(じょうほう)(のう)(おく)る「視神経(ししんけい)」などからできています1)(ひかり)物体(ぶったい)反射(はんしゃ)して()(はい)ってくると、「角膜(かくまく)」と「水晶体(すいしょうたい)」が(ひかり)屈折(くっせつ)させて網膜(もうまく)(うえ)(ぞう)(うつ)()します。その情報(じょうほう)視神経(ししんけい)(とお)って(のう)(つた)わると、(もの)が「()える」というしくみです(関連(かんれん)記事(きじ)どうして()()えるの?」)。

このしくみの(なか)視力(しりょく)直接(ちょくせつ)かかわるのは、(ひかり)屈折(くっせつ)させる役割(やくわり)をもつ角膜(かくまく)水晶体(すいしょうたい)です。角膜(かくまく)は、直径(ちょっけい)(やく)11mmで中心(ちゅうしん)()(あつ)さが(やく)0.5mmの透明(とうめい)(まく)()での(ひかり)屈折(くっせつ)のうち、70%が角膜(かくまく)によるものです2)一方(いっぽう)水晶体(すいしょうたい)は、直径(ちょっけい)(やく)9mmで(あつ)さが(やく)4mmの(とつ)レンズの(かたち)をしていて、「毛様体筋(もうようたいきん)」とよばれる筋肉(きんにく)収縮(しゅうしゅく)によってふくらんだり、毛様体筋(もうようたいきん)()びによって(うす)くなったりします3)水晶体(すいしょうたい)は、(ちか)くを()るときは(あつ)くなって屈折(くっせつ)(おお)きくすることで、(とお)くを()るときは(うす)くなって屈折(くっせつ)(ちい)さくすることで、網膜(もうまく)(じょう)焦点(しょうてん)()うように調節(ちょうせつ)しているのです。

ところが、角膜(かくまく)水晶体(すいしょうたい)による(ひかり)屈折(くっせつ)がうまくできなくなると、視力(しりょく)低下(ていか)してしまいます。(とお)くの(もの)見分(みわ)けにくくなる近視(きんし)は、屈折(くっせつ)した(ひかり)網膜(もうまく)(とど)(まえ)焦点(しょうてん)()い、網膜(もうまく)では(ぞう)がぼやける状態(じょうたい)眼球(がんきゅう)奥行(おくゆ)き(前後(ぜんご)(なが)さ、「眼軸(がんじく)」)が()びてしまい、水晶体(すいしょうたい)がじゅうぶんに(うす)くなっても焦点(しょうてん)網膜(もうまく)(じょう)()わなくなることや、水晶体(すいしょうたい)による(ひかり)屈折(くっせつ)(おお)きすぎることが原因(げんいん)とされています。

一方(いっぽう)(ちか)くの(もの)見分(みわ)けにくくなる遠視(えんし)場合(ばあい)は、網膜(もうまく)より(うし)ろに焦点(しょうてん)()い、網膜(もうまく)(じょう)では(ぞう)がぼやけてしまいます。眼軸(がんじく)(みじか)くなることや、水晶体(すいしょうたい)による(ひかり)屈折(くっせつ)(ちい)さいことが原因(げんいん)です。

近視(きんし)遠視(えんし)()()わさって()きることが(おお)いのが乱視(らんし)です。角膜(かくまく)水晶体(すいしょうたい)がラグビーボールのような(かたち)にゆがみ、カーブの角度(かくど)方向(ほうこう)によってバラバラになります4)。すると、焦点(しょうてん)網膜(もうまく)(じょう)の1(てん)()いにくく、場所(ばしょ)によってぼやけたり二(じゅう)()えたりします。ゆがみの方向(ほうこう)がたて・(よこ)・ななめの3つのタイプがあります。

このように(ひかり)屈折(くっせつ)がうまくできなくなる理由(りゆう)はさまざまで、()まれつきのもの(遺伝的(いでんてき)要因(よういん))もあれば、生活(せいかつ)する環境(かんきょう)影響(えいきょう)するもの(環境(かんきょう)要因(よういん))もあります。ですから、完全(かんぜん)近視(きんし)遠視(えんし)乱視(らんし)(ふせ)方法(ほうほう)はありませんが、環境(かんきょう)要因(よういん)()るように()(くば)ることはできます。

たとえば、読書(どくしょ)やゲームに熱中(ねっちゅう)したら30(ふん)ごとに(とお)くを()ること。読書(どくしょ)やゲームなどで長時間(ちょうじかん)にわたって(ちか)くを()(つづ)けると、毛様体筋(もうようたいきん)緊張(きんちょう)して(つね)水晶体(すいしょうたい)(あつ)状態(じょうたい)になるので、近視(きんし)のリスクが(たか)くなります。(とお)くを()()(やす)ませる習慣(しゅうかん)をつければ、毛様体筋(もうようたいきん)緊張(きんちょう)()けて近視(きんし)のリスクを()げられます。

わたしたちは、()からたくさんの情報(じょうほう)()()って生活(せいかつ)しています。生活(せいかつ)(しつ)(たも)つためにも、()をいたわる生活(せいかつ)(こころ)がけたいですね。

記事公開:2022年6月

関連記事

小学生の視力低下については、『学研キッズネット』の以下の記事にもくわしく書かれています。

【特集】STOP 小学生の視力低下

①眼科医に聞いた近視にまつわるウソ・ホント:https://kids.gakken.co.jp/parents/parenting/0225/

②タブレット・スマホとの上手なつきあい方:https://kids.gakken.co.jp/parents/parenting/220316/

③近視と遠視の違い・眼科受診のタイミングって?:https://kids.gakken.co.jp/parents/parenting/220414/

 

参考資料

1)挟間章博『なぜからはじまる体の科学「見る」編』.2020.保育社

2)参天製薬「アイケア情報 角膜のはたらき」:https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/products/otc/sante_medical/eyecare/kakumaku.jsp

3)参天製薬「現代人の目の疲れ・かすみ 目のピント調節のしくみ」:https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/products/otc/sante_medical/cause/cause_01.jsp

4)ビジョンケアカンパニー『「目が悪い」とはどういうこと? 近視・遠視・乱視はどうやって起こる?』:https://acuvuevision.jp/article/135

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP