メニュー閉じる

トマトはなぜ赤いの?

トマトはなぜ赤いの?

こたえ:赤色(あかいろ)色素(しきそ)「リコピン」をふくむからです。

トマトは、(たね)分類(ぶんるい)(じょう)はナス()ナス()ナス(ぞく)トマト(たね)植物(しょくぶつ)で、ナスやピーマンの仲間(なかま)です1)(みなみ)アメリカ大陸(たいりく)のアンデス山脈(さんみゃく)()まれたトマトは、大航海時代(だいこうかいじだい)にヨーロッパへ、江戸時代(えどじだい)初期(しょき)には日本(にほん)へも(つた)わり、現代(げんだい)世界(せかい)(ちゅう)()べられています。品種(ひんしゅ)(かず)は、日本(にほん)登録(とうろく)されているだけでも770(しゅ)(2022(ねん)6(がつ)現在(げんざい)2)世界(せかい)では1(まん)(しゅ)以上(いじょう)もあるそうです。

それだけたくさんの品種(ひんしゅ)があれば、(おお)きさや(かたち)(あじ)はさまざま。トマトといえば、()(さき)赤色(あかいろ)がうかびますが、実際(じっさい)はむらさき(しょく)赤色(あかいろ)、だいだい(いろ)黄色(きいろ)緑色(みどりいろ)と、(いろ)とりどりのトマトが(そだ)てられています。

こうした(いろ)()めるのは、(かわ)()にふくまれている色素(しきそ)種類(しゅるい)です。むらさき(しょく)の「アントシアニン」、だいだい(いろ)の「β(ベータ)-カロテン」、緑色(みどりいろ)の「葉緑素(ようりょくそ)」(クロロフィル)、そして赤色(あかいろ)の「リコピン」(リコペン)といった色素(しきそ)があります。

リコピンは、動物(どうぶつ)植物(しょくぶつ)にふくまれる(あか)()・だいだい(いろ)色素(しきそ)カロテノイド」の1つです。β-カロテンもカロテノイドの仲間(なかま)ですが、リコピンは(とく)に「抗酸化力(こうさんかりょく)」が(つよ)いといわれています3)。抗酸化力(こうさんかりょく)とは、細胞(さいぼう)にダメージを(あた)える物質(ぶっしつ)活性(かっせい)酸素(さんそ)」を()りのぞく(ちから)※1。ビタミンやポリフェノールなどが抗酸化力(こうさんかりょく)(たか)物質(ぶっしつ)抗酸化(こうさんか)物質(ぶっしつ))として()られていて、最近(さいきん)研究(けんきゅう)では、花粉症(かふんしょう)気管支(きかんし)ぜんそくの症状(しょうじょう)(かる)くする可能性(かのうせい)があることも()かっています。トマトのほか、スイカやアンズ、マンゴーなどもリコピンをふくみます。

ところで、学校(がっこう)(いえ)(そだ)てたことがあれば()かるように、赤色(あかいろ)のトマトも、(はな)がさき()わって果実(かじつ)をつけたばかりのころは緑色(みどりいろ)ですね。これは、果実(かじつ)()(おな)じように葉緑体(ようりょくたい)をもち、その(なか)葉緑素(ようりょくそ)をふくむからです4)※2果実(かじつ)成熟(せいじゅく)するにつれて葉緑素(ようりょくそ)分解(ぶんかい)されて、その()わりにリコピンがたくさん合成(ごうせい)されるため、だんだん緑色(みどりいろ)がうすくなって赤色(あかいろ)(つよ)くなっていくのです。

トマトが(しゅん)をむかえる7~8(がつ)は、紫外線(しがいせん)(つよ)く、(あつ)さで食欲(しょくよく)をなくしがちな時期(じき)です。リコピンは、紫外線(しがいせん)()びることで()えた活性(かっせい)酸素(さんそ)()らしてくれますし、赤色(あかいろ)食欲(しょくよく)をアップさせる(いろ)といわれます。(なつ)につかれを(かん)じたときや食欲(しょくよく)がないときは、赤色(あかいろ)のトマトを()べて元気(げんき)になりたいですね。

 

※1 活性酸素は、ふつうの酸素に比べて酸化する力が強くなったもので、わたしたちが呼吸で取り入れた酸素の一部からつくられます5。体の免疫機能にもかかわる重要な役割をもちますが、増えすぎると細胞にダメージをもたらします。

※2 リコピンもふくまれますが、葉緑素の量が多いため赤色は見えません。

 

記事公開:2022年6月

参考資料

1)カゴメ「トマト博士になろう!」『カゴメ トマト栽培ガイドブック』:https://www.kagome.co.jp/syokuiku/love/tomato-nae/guidebook/pdf/guidebook_07_2205.pdf

2)農林水産・食品産業技術振興協会「流通品種データベース」:https://hinshu-data.jataff.or.jp

3)カゴメ『トマト大学 医学部』:https://www.kagome.co.jp/syokuiku/knowledge/tomato-univ/medical/

4)日本植物生理学会「植物Q&A トマトの色の違いについて」:https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=1762

5)厚生労働省「活性酸素と酸化ストレス」『e-ヘルスネット』:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

 

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP