雷はどうしてなるの

雷はどうしてなるの

雷の正体は電気です。電気には、必ずプラスとマイナスがあります。

電気は、このプラスとマイナスの間を流れるときに、いろいろな働きをするのです。
雷の電気も、ふつうの電気と同じでプラスとマイナスの間を流れます。ただ、ふつうの電気と少しちがうところは、空気中を流れるということです。ふつうの電気は、電線や鉄をつたわって流れますが、雷は、雷雲(かみなりぐも)の中で電気が発生し、はなれたところのプラスとマイナスの間に電流が流れたときに発生するのです。
空気というのは、ふつうは電気を通しません。しかし、雷の電気は非常に強いために、ふつうは電気を通さない空気中でもむりやり流れてしまうのです。このとき、空気は熱くなりはげしくふるえます。
この空気のふるえが、あの雷の「バリバリ」や「ゴロゴロ」といった音になるのです。つまり、雷の音は、空気が電気でふるえて出る音というわけです。”
“雷の正体は電気です。電気には、必ずプラスとマイナスがあります。電気は、このプラスとマイナスの間を流れるときに、いろいろな働きをするのです。
雷の電気も、ふつうの電気と同じでプラスとマイナスの間を流れます。ただ、ふつうの電気と少しちがうところは、空気中を流れるということです。ふつうの電気は、電線や鉄をつたわって流れますが、雷は、雷雲(かみなりぐも)の中で電気が発生し、はなれたところのプラスとマイナスの間に電流が流れたときに発生するのです。
空気というのは、ふつうは電気を通しません。しかし、雷の電気は非常に強いために、ふつうは電気を通さない空気中でもむりやり流れてしまうのです。このとき、空気は熱くなりはげしくふるえます。
この空気のふるえが、あの雷の「バリバリ」や「ゴロゴロ」といった音になるのです。つまり、雷の音は、空気が電気でふるえて出る音というわけです。

PAGETOP