台風はどうやってできるの

台風はどうやってできるの

台風の発生する場所は、日本の南方、赤道に近い南の海上付近です。

つまり、熱帯地方のような、かなり暑い地方の海上でできるのです。熱帯地方の海では、強い太陽が照りつけて、海水の温度も高いために、しめった熱い空気がたちのぼり、上昇気流(じょうしょうきりゅう)が生まれます。すると、まわりからその海面に向かって、うずをまきながら風が集まってくるのです。これが台風の始まりなのです。
このようにしてできた台風は、こまと同じように回転をしながら移動していくわけですが、台風がふつうの低気圧(ていきあつ)とちがうのは、熱い海水の熱によって、どんどん大きな台風に育っていくという点です。

PAGETOP