メニュー閉じる

水と油はどうしてまざらないの

水と油はどうしてまざらないの

水と油をコップに入れてどんなにかきまわしても、時間がたつと油が上で、水が下というように分離してしまいます。サラダドレッシングの材料である酢(す)と油も分離してしまいます。このように水と油はまざりません。

水も油も、それぞれ分子というひじょうに小さな粒がたくさん集まったものです。水は水の分子どうしがおたがいに引き合って集まっています。また、油も油の分子どうしがおたがいに引き合って集まっています。この分子どうしが引き合う力を表面張力といい、表面張力が同じような大きさの液体の場合は、まざりやすいという性質があります。しかし、水と油の場合、水の表面張力は油の表面張力よりもかなり大きくて差があるため、水と油はまざりあわないのです。
また、むずかしい話になりますが、水の分子がもつ化学的な性質によって、水の表面張力は大きくなっています。

水と油ではこのような性質のちがいがあるため、水と油をいっしょに入れてただかきまわすだけでは、けっしてまざりあわないのです。なお、油が上で水が下になって分離するのは、油の密度が水の密度よりも小さい、つまり、油が水よりも軽いためです。

おうちの方へ

もっとくわしく知るためには、高校の化学で学習する内容を理解する必要があります。なお、洗剤などに含まれる界面活性剤という物質を使うと、水と油を混ぜ合わせることができます。

PAGETOP