メニュー閉じる

なぜ?どうして?イスラエル・パレスチナ紛争

なぜ?どうして?イスラエル・パレスチナ紛争

2023(ねん)10(がつ)7(にち)中東(ちゅうとう)のイスラエルに(たい)して、パレスチナ自治区(じちく)のイスラム組織(そしき)ハマスがロケット(だん)戦闘(せんとう)(いん)使(つか)って攻撃(こうげき)仕掛(しか)けました。これを()けてイスラエルは、ハマスの拠点(きょてん)であるガザ地区(ちく)戦闘機(せんとうき)による空爆(くうばく)地上(ちじょう)部隊(ぶたい)による報復(ほうふく)攻撃(こうげき)(おこな)いました。どちらの攻撃(こうげき)でも()どもを(ふく)(おお)くの市民(しみん)犠牲(ぎせい)になり、(とく)にガザ地区(ちく)における犠牲者(ぎせいしゃ)は1(まん)8000(にん)()えます。じつは(むかし)から(なが)(あらそ)いを(つづ)けているイスラエルとパレスチナですが、今回(こんかい)過去(かこ)(れい)をみない犠牲者(ぎせいしゃ)被害(ひがい)()んでいます。いま(なに)()こっているのか、みんなに()かるように、中東(ちゅうとう)研究(けんきゅう)専門家(せんもんか)鈴木啓之(すずきひろゆき)さんに(おし)えてもらいました。

記事(きじ)公開(こうかい):2023(ねん)12(がつ)19(にち)

1からまなべる! イスラエル・パレスチナ紛争(ふんそう)理由(りゆう)歴史(れきし)

戦闘(せんとう)がない=平和(へいわ)」ではない

いつ、どこで、なにがあった?

2023(ねん)10(がつ)7(にち)、ハマスの戦闘(せんとう)(いん)がガザ地区(ちく)から突然(とつぜん)イスラエルに侵入(しんにゅう)し、攻撃(こうげき)(おこな)いました。野外(やがい)音楽(おんがく)フェスティバルなどが攻撃(こうげき)されて、外国人(がいこくじん)をふくむ(やく)1200(にん)犠牲(ぎせい)になりました。さらにハマスは(やく)240(にん)人質(ひとじち)として()()りました。
イスラエルは報復(ほうふく)仕返(しかえ)し)として、ハマスを壊滅(かいめつ)させるためすぐさまガザ地区(ちく)への空爆(くうばく)(はじ)め、10(がつ)28(にち)には地上(ちじょう)(せん)(はじ)まりました。これらの攻撃(こうげき)により一般(いっぱん)市民(しみん)()()えとなり、ガザ地区(ちく)における犠牲者(ぎせいしゃ)は2(まん)8000(にん)以上(いじょう)(2(がつ)20(にち)時点(じてん))。そのうち、(すく)なくとも5000(にん)以上(いじょう)()どもであるとも報告(ほうこく)されています。また、(まち)住宅(じゅうたく)破壊(はかい)(はげ)しく、ガザ地区(ちく)(そう)人口(じんこう)の80%ほどにあたる170(まん)(にん)国内(こくない)避難(ひなん)をしいられています。
イスラエルは、「ハマスの(かく)()(じょ)になっている」として病院(びょういん)学校(がっこう)難民(なんみん)キャンプも攻撃(こうげき)標的(ひょうてき)にしました。当初(とうしょ)はイスラエルの報復(ほうふく)支持(しじ)していた国際(こくさい)社会(しゃかい)も、市民(しみん)犠牲者(ぎせいしゃ)(おお)くなるにつれて批判的(ひはんてき)(こえ)(つよ)まってきています。
イスラエルとハマスは11(がつ)24(にち)一時的(いちじてき)休戦(きゅうせん)合意(ごうい)しました。ハマスが()()っていた人質(ひとじち)一部(いちぶ)解放(かいほう)されましたが、12(がつ)1(にち)から攻撃(こうげき)再開(さいかい)されています。

なぜいまハマスは攻撃(こうげき)したの?目的(もくてき)は?

ハマスは、「イスラエルによるパレスチナ占領(せんりょう)(つづ)いていること」「イスラエルがイスラム(きょう)聖地(せいち)攻撃(こうげき)していること」などを、今回(こんかい)攻撃(こうげき)理由(りゆう)としています。しかし、これらの問題(もんだい)最近(さいきん)(はじ)まったことではなく、なぜこのタイミングで攻撃(こうげき)をしたのかは、正確(せいかく)にはわかっていません。当然(とうぜん)予想(よそう)されたイスラエルの報復(ほうふく)(たい)して、ハマスが対応策(たいおうさく)準備(じゅんび)していた様子(ようす)もありませんでした。攻撃(こうげき)した(あと)のことに計画性(けいかくせい)()えないため、今回(こんかい)は「大勢(おおぜい)(ひと)殺害(さつがい)してイスラエル社会(しゃかい)衝撃(しょうげき)(あた)える」こと、つまり攻撃(こうげき)そのものが目的(もくてき)だった可能性(かのうせい)があります。
ハマスの攻撃(こうげき)は、(おお)くの犠牲者(ぎせいしゃ)()みました。イスラエルによって15(ねん)以上(いじょう)にわたり(かべ)封鎖(ふうさ)され(つづ)けていたガザ地区(ちく)から、その(いか)りや(にく)しみが攻撃(こうげき)という(かたち)噴出(ふんしゅつ)したといえるかもしれません。

戦闘(せんとう)はいつ()わるの?

戦闘(せんとう)がいつ()わるのか、すべてはイスラエル次第(しだい)です。これまでのガザ地区(ちく)攻撃(こうげき)最長(さいちょう)で50日間(にちかん)でした。過去(かこ)のイスラエルの戦争(せんそう)参考(さんこう)にすると、戦闘(せんとう)(なが)くとも(すう)(げつ)()えると予想(よそう)できます。(みじか)休戦(きゅうせん)何度(なんど)かはさんだ(あと)で、正式(せいしき)停戦(ていせん)にいたるのがこれまでのパターンです。人質(ひとじち)解放(かいほう)もカギになりますが、これまでには人質(ひとじち)(のこ)ったまま停戦(ていせん)した事例(じれい)もあります。
また、イスラエルが戦地(せんち)(おく)っている兵士(へいし)には、「予備役(よびえき)」という立場(たちば)兵士(へいし)がいます。予備役(よびえき)兵士(へいし)は、ふだんは市民(しみん)として仕事(しごと)をしているので、あまり長期間(ちょうきかん)戦闘(せんとう)にかりだし(つづ)けられません。目安(めやす)としては3か(げつ)限度(げんど)。また、イスラエル(ぐん)犠牲(ぎせい)()えると、イスラエル国内(こくない)にも戦争(せんそう)終結(しゅうけつ)(のぞ)(こえ)()てくるでしょう。イスラエル経済(けいざい)への打撃(だげき)深刻(しんこく)です。タイムリミットが(ちか)づいたイスラエルが、最後(さいご)攻撃(こうげき)()(つよ)める可能性(かのうせい)もあります。

パレスチナ問題(もんだい)とは?

イスラエルとパレスチナの(あらそ)いは、もともとは中東(ちゅうとう)土地(とち)をめぐる紛争(ふんそう)です。パレスチナという地域(ちいき)にイスラエルを建国(けんこく)したユダヤ(じん)と、正式(せいしき)国家(こっか)()たないパレスチナ(じん)対立(たいりつ)しているのです。
ユダヤ(じん)は、ユダヤ(きょう)信仰(しんこう)する人々(ひとびと)です。ユダヤ(じん)たちは、パレスチナを信仰(しんこう)(うえ)大切(たいせつ)土地(とち)(かんが)えていたため、パレスチナに移住(いじゅう)して自分(じぶん)たちの(くに)をつくろうとします。この運動(うんどう)を「シオニズム運動(うんどう)」といいます。1948(ねん)、ユダヤ(じん)たちはパレスチナにイスラエルという(くに)建国(けんこく)しました。
しかしパレスチナには、おもにイスラム(きょう)信仰(しんこう)するパレスチナ(じん)がずっと()んでいました。土地(とち)(うば)われる(かたち)になったパレスチナ(じん)周辺(しゅうへん)のアラブ諸国(しょこく)は、イスラエルの建国(けんこく)反発(はんぱつ)し、これまでに4()にわたる中東(ちゅうとう)戦争(せんそう)になりました。
4()中東(ちゅうとう)戦争(せんそう)は、いずれも基本的(きほんてき)にイスラエルが有利(ゆうり)(たたか)い、その結果(けっか)建国(けんこく)()よりも(ひろ)領域(りょういき)占領(せんりょう)しています。1993(ねん)、イスラエルとパレスチナ(がわ)和平(わへい)のために(はな)()いをして、締結(ていけつ)したのがオスロ合意(ごうい)です。この合意(ごうい)(なか)で、ヨルダン(がわ)西岸(せいがん)地区(ちく)一部(いちぶ)とガザ地区(ちく)では、パレスチナ(じん)自治(じち)(みと)められました。しかし、イスラエルによる占領(せんりょう)(つづ)いたため、パレスチナ(じん)による抵抗(ていこう)(だい)二次(にじ)インティファーダ)と、イスラエルによる軍事(ぐんじ)報復(ほうふく)という()連鎖(れんさ)におちいりました。イスラエルは2005(ねん)にガザ地区(ちく)から撤退(てったい)したものの、ヨルダン(がわ)西岸(せいがん)地区(ちく)については占領(せんりょう)やユダヤ(じん)入植(にゅうしょく)集団(しゅうだん)移住(いじゅう)すること)が(つづ)いています。

ガザ地区(ちく)とは?

イスラエルは2006(ねん)(ごろ)から、ガザ地区(ちく)との(かべ)()ざし、封鎖(ふうさ)しました。(ひと)(もの)()()(きび)しく制限(せいげん)され、「天井(てんじょう)のない監獄(かんごく)」などと()ばれます。ガザ地区(ちく)(はば)5~8km、(なが)(やく)50kmの細長(ほそなが)地域(ちいき)です。面積(めんせき)(やく)350km2日本(にほん)鹿児島県(かごしまけん)種子島(たねがしま)ほどの(ひろ)さで、そこに200(まん)(にん)以上(いじょう)()んでいます。住民(じゅうみん)()らしぶりは深刻(しんこく)です。電力(でんりょく)不足(ぶそく)のため汚水(おすい)処理(しょり)ができず、()きるのに必要(ひつよう)()(みず)確保(かくほ)さえむずかしい。仕事(しごと)(かぎ)られ、失業率(しつぎょうりつ)は47%で、住民(じゅうみん)半分(はんぶん)(ちか)(ひと)仕事(しごと)()くことができていません。住民(じゅうみん)の8(わり)は、(なん)らかの人道(じんどう)支援(しえん)(たよ)らなければ()きていけない状況(じょうきょう)です。

ハマスってどんな組織(そしき)

ハマスは、現在(げんざい)ガザ地区(ちく)実質的(じっしつてき)支配(しはい)しているイスラム組織(そしき)です。テロ組織(そしき)とされていますが、実態(じったい)は「3つの(かお)」があります。
ひとつは福祉(ふくし)組織(そしき)(かお)です。ハマスの(もと)になった団体(だんたい)は、イスラエルがガザ地区(ちく)占領(せんりょう)していた1970年代(ねんだい)に、パレスチナ(じん)(みずか)()()げたガザの難民(なんみん)キャンプの若者(わかもの)()けスポーツクラブです。(のち)幼稚(ようち)(えん)経営(けいえい)などもするようになります。イスラエルは占領(せんりょう)()治安維持(ちあんいじ)しかしなかったため、福祉(ふくし)教育(きょういく)といった市民(しみん)への行政(ぎょうせい)サービスを(にな)ったのです。
(ふた)()武装(ぶそう)組織(そしき)(かお)です。1980年代(ねんだい)、パレスチナ(じん)がイスラエルに(たい)して一斉(いっせい)抵抗(ていこう)する「インティファーダ」という闘争(とうそう)()きました。この(とき)福祉(ふくし)組織(そしき)からハマスへ変化(へんか)しました。「福祉(ふくし)(ささ)えるだけではパレスチナの解放(かいほう)はできない」として、実力行使(じつりょくこうし)(おこな)武装(ぶそう)闘争(とうそう)部門(ぶもん)設立(せつりつ)されたのです。ハマスが当時(とうじ)(かか)げたのは、「パレスチナ全域(ぜんいき)にイスラム(きょう)にもとづく(こっ)()()てる」ことでした。2000年代(ねんだい)には、イスラエルに(たい)する多数(たすう)自爆(じばく)テロ攻撃(こうげき)実行(じっこう)しました。
そして最後(さいご)(みっ)()は、政党(せいとう)(かお)です。2000年代(ねんだい)(なか)ば、ハマス内部(ないぶ)でパレスチナ(じん)政治(せいじ)活動(かつどう)参加(さんか)しようという(うご)きが()てきます。2006(ねん)には、パレスチナ議会(ぎかい)選挙(せんきょ)政党(せいとう)として参加(さんか)し、(たく)みな選挙(せんきょ)戦術(せんじゅつ)によって圧勝(あっしょう)しました。イスラエルとのオスロ合意(ごうい)でできた議会(ぎかい)選挙(せんきょ)参加(さんか)したので、イスラエルの存在(そんざい)事実上(じじつじょう)(みと)めるようになったと(かんが)えられています。
ハマスは時代(じだい)にあわせて、(あたら)しい(かお)()せてきました。柔軟(じゅうなん)合理的(ごうりてき)だと(かんが)えられてきた組織(そしき)だけに、今回(こんかい)攻撃(こうげき)長期的(ちょうきてき)計画性(けいかくせい)()えず、従来(じゅうらい)のイメージとは()があり、専門家(せんもんか)(おどろ)かせています。

イスラエルってどんな(くに)

イスラエルは、1948(ねん)につくられたユダヤ(じん)(くに)です。建国(けんこく)()戦争(せんそう)(つづ)いたことから、「自国(じこく)脅威(きょうい)になる存在(そんざい)(みずか)らの(ちから)()(のぞ)く」という方針(ほうしん)を、ずっと(たも)ってきました。イスラエルがこれまで(おこな)ってきた戦争(せんそう)は、短期間(たんきかん)相手(あいて)(おお)きな打撃(だげき)をあたえ、最大(さいだい)でも(すう)(げつ)戦闘(せんとう)()わらせるというのが特徴(とくちょう)です。今回(こんかい)はハマスの最初(さいしょ)攻撃(こうげき)によって、イスラエル(がわ)過去(かこ)(れい)のない犠牲(ぎせい)()ました。とりわけ、兵士(へいし)警察官(けいさつかん)ではない一般(いっぱん)市民(しみん)犠牲(ぎせい)が800(にん)(のぼ)ったことで、イスラエル社会(しゃかい)には(はげ)しい(いか)りの(かん)(じょう)がわきおこり、ガザ地区(ちく)へのとても(はげ)しい攻撃(こうげき)()()こしています。
過去(かこ)()(かえ)ると、じつはイスラエルでも、パレスチナと対話(たいわ)重視(じゅうし)する政治家(せいじか)首相(しゅしょう)になったこともあります。しかし、ここ十数年(じゅうすうねん)(あいだ)は、イスラエル一国(いっこく)利益(りえき)優先(ゆうせん)する政治(せいじ)主張(しゅちょう)(つよ)まっています。現在(げんざい)は、パレスチナ(じん)との平和(へいわ)共存(きょうそん)(うった)える政党(せいとう)選挙(せんきょ)議席(ぎせき)をほとんど()れず、パレスチナに(きび)しい姿勢(しせい)政党(せいとう)政治(せいじ)(うご)かしているのです。

大人(おとな)()けなかった問題(もんだい)、みんなへの宿題(しゅくだい)

イスラエルとパレスチナの今回(こんかい)戦闘(せんとう)は、これまでと(おな)じく(すう)(げつ)()わると(かんが)えられます。停戦(ていせん)すれば、社会(しゃかい)関心(かんしん)一気(いっき)()めていくでしょう。しかし「戦闘(せんとう)がないこと=平和(へいわ)」ではないのです。
今回(こんかい)のハマスの攻撃(こうげき)は、ガザ地区(ちく)(なが)封鎖(ふうさ)され人道的(じんどうてき)にも深刻(しんこく)問題(もんだい)()きていたのを、世界(せかい)がかえりみてこなかったために()きました。イスラエルはこれまで、ガザ地区(ちく)(ふう)()めておけば安全(あんぜん)だと(おも)っていましたが、それは幻想(げんそう)だと()かりました。ガザ地区(ちく)(ふたた)封鎖(ふうさ)しても、また(つぎ)攻撃(こうげき)準備(じゅんび)(はじ)められるだけでしょう。今後(こんご)は、世界(せかい)から()(はな)されたガザ地区(ちく)を「世界(せかい)(もど)す」必要(ひつよう)があるのではないでしょうか。イスラエルは、そして国際(こくさい)社会(しゃかい)は、ガザ地区(ちく)とどう()()っていくのかが()われます。
日本(にほん)も、戦闘(せんとう)()のガザ復興(ふっこう)において、これまでのような経済(けいざい)(てき)支援(しえん)だけでなく、人員(じんいん)長期(ちょうき)派遣(はけん)のような(あたら)しい支援(しえん)国際(こくさい)社会(しゃかい)から(もと)められるかもしれません。(とお)場所(ばしょ)での戦争(せんそう)だと、(はな)っておける問題(もんだい)ではないのです。
イスラエルとパレスチナの問題(もんだい)は、大勢(おおぜい)大人(おとな)たちが何年(なんねん)かかっても()けなかった難問(なんもん)です。いわば、みなさんに(のこ)された世界(せかい)の「宿題(しゅくだい)」です。簡単(かんたん)(こた)えは()せませんが、これから世界(せかい)舞台(ぶたい)()きていくみなさんには、ぜひじっくり(かんが)えてほしいと(ねが)っています。

監修(かんしゅう)鈴木啓之(すずきひろゆき)

1987(ねん)()まれ。東京大学(とうきょうだいがく)大学院(だいがくいん)総合(そうごう)文化(ぶんか)研究(けんきゅう)()スルタン・カブース・グローバル中東(ちゅうとう)研究(けんきゅう)寄付講座(きふこうざ)特任(とくにん)准教授(じゅんきょうじゅ)博士(はくし)学術(がくじゅつ))。日本学術振興会(にほんがくじゅつしんこうかい)特別(とくべつ)研究(けんきゅう)(いん)PD(日本(にほん)女子(じょし)大学(だいがく))、日本学術振興会(にほんがくじゅつしんこうかい)海外(かいがい)特別(とくべつ)研究(けんきゅう)(いん)(ヘブライ大学(だいがく)ハリー・S・トルーマン平和(へいわ)研究所(けんきゅうじょ))を()て、2019(ねん)9(がつ)より現職(げんしょく)著書(ちょしょ)に『蜂起(ほうき)〈インティファーダ〉:占領(せんりょう)()のパレスチナ1967-1993』(東京大学出版会(とうきょうだいがくしゅっぱんかい)、2020(ねん))、共編(きょうへん)(ちょ)に『パレスチナを()るための60(しょう)』(明石(あかし)書店(しょてん)、2016(ねん))。

文/三城俊一

PAGETOP