グランドスタッフ

空港内で利用客に対し、搭乗手続きなどのサービスを行うのが仕事。各航空会社の顔とも言える職業だ

こんな人にピッタリ!

英語が得意で、なおかつ高齢者から子供まで年齢に関係なく人と接するのが好きという人に向いている。また、どんな状況にも臨機応変に対応できる判断力や行動力のほか、注意力も必要。立ち仕事や歩き仕事も多いので、体力も求められる。様々な国の人と言葉を交わすこととなるので、高い語学力やビジネスマナーも求められる。

どんな仕事?

航空便利用客が、空港でスムーズに乗り降りできるサービスを提供

空港で飛行機を利用するお客さんを接客するのがグランドスタッフだ。仕事内容は大きく分けて、(1)航空券やパスポートの日付や名前、搭乗便をチェックして、搭乗券を発行するカウンター業務、(2)空港で航空券を購入する人に対する発券業務、(3)ゲートから搭乗までの案内・誘導を行うゲート業務、(4)接続便を利用する利用者がスムーズに乗り換えができるよう案内・誘導するトランジット業務の4つ。このほか、欠航や出発時刻の遅れの際のクレーム処理、ゲートでのアナウンス業務も行う。

これがポイント!

航空会社以外にも就職先はある

グランドホステスになるには、各航空会社の採用試験に合格することが早道。ただ、近年は航空産業の構造改革の必要などから、各航空会社がグランドスタッフの業務を、関連企業や専門会社(旅客ハンドリング会社)に委託するケースも増えているので、そうした会社に就職するという方法もある。また、空港サービス関係の人材派遣会社に登録する方法もある。

英語力は必要不可欠!

航空会社の採用試験には受験資格をもうけているところもある。試験は一般面接や筆記試験が行われるが、特に英語力が重要視されている。TOEICやTOEFLの成績表を送付しなければならないところもあるし、何よりも様々な国のお客様に丁寧なサービスをするためにも英語はきちんと勉強しておこう。

将来はこうなる

業務の機械化で競争率は高くなる!

カウンター業務の機械化が進み、人手が多く必要ではなくなりつつあるため、就職は狭き門。しかし、旅行客は依然多いため、各航空会社間でのサービス競争は激しくなるだろう。そのため、サービス向上は不可欠となり、グランドスタッフは航空地上業務でも特に重要な職業となる。

データボックス

収入は?

初任給は4大卒なら20万前後、専門学校や短大なら17万程度が一般的。時間外手当や深夜手当などもプラスされる。

休暇は?

勤務時間はカウンター業務が開始される朝6時から、最終便が到着する深夜24時頃まで。早番、中番、遅番といった形の交代制になっており、だいたい7〜8時間労働が平均的。4日働いて2日休む4勤2休制で、長期の休みは取りにくい。

職場は?

各航空会社やその関連企業に入社し、全国各地の空港で勤務する。派遣会社に登録して仕事を得ることも。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP