外交官

外交官

国の針路を考え、外交交渉で活躍する日本の「顔」。日本の代表となって諸外国や国際機関との折衝を行う責任重大な仕事

こんな人にピッタリ!

世界情勢に関心があり、自国の立場を理解しつつ、他国の文化や社会、政治を理解することのできる人。何事にも積極的で、コミュニケーション能力の高い人。自分の意見をきちんと伝えることのできる人。

どんな仕事?

情報の収集と発信、外交交渉などで活躍

外交官の仕事の場は本省(日本)と在外公館(海外)の2種類ある。本省勤務のときは、外交政策に関する企画・立案、調査、調整や、諸外国との外交問題の交渉にあたる。また、政治、経済に関する情報収集と分析、文化交流の促進、ODA(政府開発援助)業務なども行う。在外公館勤務のときは、経済問題や安全保障問題が持ち上がったときに、国際ルールや日本の国益を考えたつつ、問題解決をはかっていく。そのほか、紛争や災害が発生した場合は、情報を日本に送ったり、在留邦人保護などの活動を行う。

これがポイント!

将来どういった仕事をしたいかで受ける試験も異なる

外交官になるための試験は3つあるが、受ける試験によって将来の仕事内容が変わってくる。大使や公使となって外交の中枢を担いたい人は「国家公務員I種試験」を、特定の地域、分野の専門家として活躍したい人は「外務省専門職員採用試験」を受験する必要がある。また、受験できる地域は限られているが、高卒生を対象にした「国家公務員III種試験」でも外務省の職員となることは可能。III種試験合格者は、会計・通信・文書管理及び秘書事務などの仕事を行う。

語学力は必要だが、それ以外の能力も伸ばそう

各国の代表との話し合いや、外国語の文書を読むことがあたりまえなので、語学力は高ければ高いほどいい。しかし、それ以外にも自分の気持ちをきちんと伝えられるコミュニケーション能力や、その場で物事を素早く判断できる判断力、思考力など、さまざまな能力が必要とされる。語学だけを勉強するのではなく、読書や友人との交流なども大切にする必要があるだろう。

将来はこうなる

さらなる国際貢献が期待されている

国同士の問題だけでなく、紛争やエネルギー、環境問題など、世界全体で取り組まなければならない問題は数多い。日本は経済大国となり、国際的な影響力が増している以上、さらなる国際貢献も期待されている。外交官の果たす役割はより重要なものとなっていくだろう。

データボックス

収入は?

国家公務員I種試験に合格し単価、外務省専門職員採用試験に合格したかで給料は異なるが、どちらも初任給は約20万円。これに加え、在外研修中は研修手当が、在外公館勤務の場合は、在外勤務手当がつく(金額は行く国によって異なる)。そのほか、ボーナスや扶養手当などもある。

休暇は?

土日が休みで、年次有給休暇、病気休暇などが与えられ、海外勤務者には健康管理休暇、帰国休暇などが認められている。ただし、残業はあり、緊急の場合は深夜・早朝まで勤務し、時には休日出勤することもある。

職場は?

外務省本省および世界各国にある189の在外公館。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP