メニュー閉じる

旧石器・縄文・弥生時代には何を食べていた?  ーQ&A編ー

旧石器・縄文・弥生時代には何を食べていた?  ーQ&A編ー

本編(ほんぺん)旧石器(きゅうせっき)縄文(じょうもん)弥生(やよい)時代(じだい)には(なに)()べていた?」には()ききれなかったお(はなし)をまとめました。

[お話:角川武蔵野ミュージアム 学芸員 熊谷周三さん、Smile meal 管理栄養士 山根みずえさん]

本編(ほんぺん)では、角川(つのかわ)武蔵野(むさしの)ミュージアムが再現(さいげん)したレシピの(なか)から、旧石器(きゅうせっき)縄文時代(じょうもんじだい)の3つのレシピを()()げて、当時(とうじ)人々(ひとびと)()べていた料理(りょうり)や、それらに使(つか)われている注目(ちゅうもく)食材(しょくざい)栄養(えいよう)(ぶん)などを()てきました。ここでは、本編(ほんぺん)には()ききれなかったお(はなし)をQ&A形式(けいしき)でまとめました。本編(ほんぺん)()んで「レシピの再現(さいげん)について、もっとくわしく()りたい」と興味(きょうみ)をもった(ひと)疑問(ぎもん)にも、「(むかし)すぎて、自分(じぶん)には関係(かんけい)ないよ」と(かん)じた(ひと)疑問(ぎもん)にも(こた)えます。

本編:旧石器・縄文・弥生時代には何を食べていた?

旧石器・縄文時代の料理はおいしいの?

○おいしいです! (いし)()()きはとってもジューシーで、(かい)スープは本当(ほんとう)にうまみがたっぷり。()()クッキーもほんのり(あま)く、クセになる(あじ)です。当時(とうじ)人々(ひとびと)はもちろん、()()くための手段(しゅだん)として調理(ちょうり)していたのだと(おも)いますが、同時(どうじ)に「おいしい」という感覚(かんかく)もあったんだろうな、そのために調理(ちょうり)方法(ほうほう)工夫(くふう)したんだろうな、と想像(そうぞう)しました。(熊谷さん)

(あか)ちゃんは、すっぱいものや(にが)いものを(くち)()れると「ぺっ」と()()してしまいますが、これは「すっぱさ(酸味(さんみ))=くさっている」「苦味(にがみ)=(どく)」と、()まれながらに()っているからだといわれています。旧石器(きゅうせっき)縄文時代(じょうもんじだい)人々(ひとびと)は、こうした(あか)ちゃんの味覚(みかく)をもったまま大人(おとな)になって、くさったものや(どく)のあるものを上手(じょうず)()けて()べていたのかもしれません。もしかしたら、大人(おとな)よりも(あか)ちゃんに(ちか)小学生(しょうがくせい)のみなさんは、旧石器(きゅうせっき)縄文時代(じょうもんじだい)人々(ひとびと)と「おいしい」感覚(かんかく)()かり()えるかもしれませんね。(山根さん)

どんな調味料(ちょうみりょう)使(つか)っていたの?

塩味(しおあじ)()すときは、(うみ)塩分(えんぶん)利用(りよう)しました。ただし、武蔵(むさし)野台(のだい)()(しお)をつくる技術(ぎじゅつ)があったかというと、「すでにあった」という意見(いけん)と「まだ完成(かんせい)されていなかった」という意見(いけん)があり、海水(かいすい)をそのまま使(つか)っていたのかもしれません。
甘味(かんみ)がほしいときは、ふだんは、()()などの炭水化物(たんすいかぶつ)()自然(しぜん)(あま)さや果物(くだもの)(あま)さを(あじ)わっていたようです。アマズラという植物(しょくぶつ)からとれる甘味料(かんみりょう)はあったと()われていますが、わたしたちが使(つか)っているような砂糖(さとう)はありませんでした。「()()のクッキー」の再現(さいげん)レシピで使(つか)ったハチミツも、現在(げんざい)(くら)べてとても貴重(きちょう)なものでした。(熊谷さん)

海外(かいがい)研究(けんきゅう)で、動物(どうぶつ)骨髄(こつずい)から塩分(えんぶん)をとっていたという(せつ)があります。骨髄(こつずい)には、塩分(えんぶん)以外(いがい)にもたんぱく(しつ)ビタミン(るい)ミネラル(るい)と、たくさんの栄養(えいよう)がふくまれています。もしかしたら、旧石器(きゅうせっき)縄文時代(じょうもんじだい)日本(にほん)()らした人々(ひとびと)も、(にく)()べた(あと)(ほね)をむだなく()べて健康(けんこう)(たも)っていたのかもしれません。(山根さん)

()()果物(くだもの)がとれない季節(きせつ)は、どうしていたの?

保存(ほぞん)する技術(ぎじゅつ)()()して、備蓄(びちく)していました。稲作(いなさく)(はじ)まる(まえ)縄文時代(じょうもんじだい)は、(ふゆ)()(もの)がなくておなかを()かせていたとイメージするかもしれませんが、実際(じっさい)年間(ねんかん)(とお)して一定(いってい)のカロリーを()れていたようです。ほかの地域(ちいき)との交易(こうえき)活発(かっぱつ)で、乾燥(かんそう)させたとちの()からアクを()技術(ぎじゅつ)中央(ちゅうおう)高地(こうち)長野県(ながのけん)山梨県(やまなしけん)岐阜県(ぎふけん)北部(ほくぶ)中心(ちゅうしん)とする地域(ちいき))から(つた)わったと(かんが)えられています。(熊谷さん)

果物(くだもの)乾燥(かんそう)させたドライフルーツは、水分(すいぶん)()った(ぶん)(おな)(おも)さの(なま)果物(くだもの)(くら)べて()れる栄養(えいよう)(りょう)()えます。たとえば、日本(にほん)(ふる)くから()べられてきた()(がき)は、()すことで(からだ)(うご)かすエネルギーになる糖質(とうしつ)が4(ばい)以上(いじょう)()(ほね)をつくるのに必要(ひつよう)(てつ)カルシウム、マグネシウムといったミネラルが3~6(ばい)ほどになります。つまり、果物(くだもの)乾燥(かんそう)させると、少量(しょうりょう)栄養(えいよう)をたくさん()れるようになるのです。ただし、()(がき)場合(ばあい)、ウイルスから()(まも)ってくれる(はたら)きのあるビタミンCの(りょう)(なま)のものの(やく)1/30まで()ってしまいます。フレッシュな果物(くだもの)季節(きせつ)()わずに()べることができたら、旧石器(きゅうせっき)縄文人(じょうもんじん)はもっと病気(びょうき)()けない(つよ)(からだ)になっていたかもしれないですね。(山根さん)

※ 渋抜き柿と干し柿の栄養成分比較(100gあたり)
渋抜き柿: 糖質 13.6g、カリウム 200mg、カルシウム 7mg、マグネシウム 6mg、鉄 0.1mg
干し柿: 糖質 58.7g、カリウム 670mg、カルシウム 27mg、マグネシウム 26mg、鉄 0.6mg
[出典:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」]

どのようにレシピを再現(さいげん)したの?

旧石器時代(きゅうせっきじだい)縄文時代(じょうもんじだい)人々(ひとびと)がどのように調理(ちょうり)していたかは、さまざまな資料(しりょう)研究(けんきゅう)結果(けっか)から推定(すいてい)するしかありません。遺跡(いせき)から発掘(はっくつ)された資料(しりょう)のほか、武蔵(むさし)野台(のだい)()にどのような植物(しょくぶつ)(そだ)っていたか(植生(しょくせい))、地質(ちしつ)気候(きこう)研究(けんきゅう)活用(かつよう)し、考古学(こうこがく)専門家(せんもんか)からアドバイスを()けながらレシピを再現(さいげん)しました。()()れるのが(むずか)しいイノシシやシカの(にく)は、群馬県(ぐんまけん)狩猟(しゅりょう)チームが害獣(がいじゅう)駆除(くじょ)捕獲(ほかく)したものを提供(ていきょう)してもらい、調理(ちょうり)では角川(かくかわ)武蔵野(むさしの)ミュージアムのレストランに協力(きょうりょく)してもらいました。(熊谷さん)

大昔(おおむかし)()(もの)が、わたしたちの生活(せいかつ)にどう関係(かんけい)するの?

旧石器時代(きゅうせっきじだい)縄文時代(じょうもんじだい)大昔(おおむかし)だから、わたしたちには関係(かんけい)ない」と(おも)(ひと)もいるかもしれませんが、(かれ)らとわたしたちは生物学(せいぶつがく)(てき)にはほとんど()わりがないと()われています。ですから、わたしたちが「おいしい」と(かん)じるものは、(かれ)らもまた「おいしい」と(かん)じていたのではないでしょうか。再現(さいげん)した3つのレシピは、どれもおいしかったです。このレシピを(つう)じて考古学(こうこがく)をより身近(みぢか)面白(おもしろ)(かん)じてもらえたらうれしいです。

また、これらのレシピからは、「土地(とち)(しょく)」が(ふか)(むす)びついていることを(かん)()れるでしょう。再現(さいげん)レシピが、自分(じぶん)たちの()()土地(とち)地質(ちしつ)気候(きこう)歴史(れきし)文化(ぶんか)理解(りかい)していくきっかけになれば、と(かんが)えています。(熊谷さん)

身近(みぢか)地域(ちいき)(しょく)歴史(れきし)調(しら)べよう

武蔵(むさし)野台(のだい)()()らした人々(ひとびと)は、さまざまな食材(しょくざい)のおいしさをそのまま(あじ)わう(ゆた)かな食生活(しょくせいかつ)(おく)っていたのが()かりましたね。

ここで紹介(しょうかい)したのは、武蔵(むさし)野台(のだい)()中心(ちゅうしん)とする地域(ちいき)でとれた食材(しょくざい)(つく)った料理(りょうり)ですが、そのほかの地域(ちいき)には、これらとはちがった食材(しょくざい)調理法(ちょうりほう)があるはずです。みなさんも、自分(じぶん)(そだ)った地域(ちいき)特徴(とくちょう)地質(ちしつ)植生(しょくせい))や遺跡(いせき)から出土(しゅつど)した資料(しりょう)(なが)()べられている伝統的(でんとうてき)料理(りょうり)について調(しら)べてみませんか? (しょく)歴史(れきし)(とお)して、地域(ちいき)(あら)たな魅力(みりょく)()づくことができるかもしれません。

記事公開:2022年7月

企画協力

「角川武蔵野ミュージアム」

図書館、美術館、博物館が融合した文化複合施設。館長の松岡正剛氏が世界を読み解く9つの文脈に沿って独自の配架をした「ブックストリート」、博物学者の荒俣宏氏が監修する「荒俣ワンダー秘宝館」、「本と遊び、本と交わる」をテーマにした「本棚劇場」、これら「エディットタウン」をメインエリアとする。また、マンガや多数の出版社のライトノベルが並ぶ「マンガ・ラノベ図書館」や、企画展が開催される「グランドギャラリー」など、松岡館長が提唱する「想像力とアニマに遊ぶミュージアム」として、さまざまな「まぜまぜ」を提供している。建築デザイン監修は隈研吾氏。

■所在地:〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン内

■公式ウェブサイト: https://kadcul.com/

山根 みずえさん

管理栄養士、フードコーディネーター、離乳食アドバイザー、妊産婦食アドバイザー。外食チェーンにて店舗運営、食品会社にてサラダやスムージーの開発、健康セミナーの企画・運営に従事。出産を機に子どもの食への興味が高まり、保育園栄養士として、子どもの食育や子育て支援活動に携わってきた。食を通じた地域コミュニティーの形成を目指し、地元で子ども食堂を運営。食べること、作ることの楽しさを伝え、子どもの生きる力を育むとともに、子育て世帯の食の負担を軽くしたいという想いで活動中。

■「Smile meal」公式ウェブサイト:https://www.smile-meal.com/

PAGETOP