質問と答

くもにはどうしてしろいのとくろいのがあるの

もともとくもにはいろがありません。こういうこたえをすると、おそらくみなさんは、くもにはしろいろがあるじゃないかとおもわれるでしょう。しかし、それはしろいろのつぶがあるわけではなくて、ただしろえているだけなのです。これは、くものつぶが太陽たいようひかりをあちこちに反射はんしゃ(はんしゃ)しているためにしろえるのです。まず、このことをあたまれておいてください。
くもは、ひかりをバラバラに反射はんしゃするためにしろえるわけです。しかし、どのくもおなしろさではありません。あついくもやうすいくも、せのたかくもなど、くもによってしろさがちがってえるはずです。たとえば、とおくにあるかみなりくもよこからると、太陽たいようをまともにけていますからくもはかがやくようなしろえています。しかし、このとき、このかみなりくも真下ましたにいるひとには、このくも真っ黒まっくろえているのです。なぜなら、あつくもしたにいると、くもはあまり太陽たいようひかり反射はんしゃできません。というよりも、あつくも太陽たいようひかりをさえぎってしまうのです。それで、かげになったくもくろえるというわけなのです。
つまり、くもにはもともといろがありませんが、ひかり反射はんしゃのしかたのちがいで、しろえたりくろえたりしているのです。

<PR>