PR

  メニュー閉じる

PR

実験

カッコン水のみ鳥

実験 カッコン水のみ鳥

れんげをベースに、プラスチックコップや羽根のモールを使って、鳥を作る。それを竹ぐしにぶらさげて頭が下がるように調整し、水をのませてみよう。れんげに水がたまっておなかがいっぱいになるとどうなるかな? 実験してたしかめてみよう! 鳥の調整方法は、よくわかる実験動画を見るとよくわかるよ。

用意するもの

  • れんげ
  • ネット包帯(ゆび用)
  • プラスチックコップ(375mlぐらい)
  • ダブルクリップ2こ(サイズ 小)
  • プラスチックフォーク2本(15cmぐらい)
  • 竹ぐし(18cm)
  • プラスチックワイングラス
  • プラスチックのケース(長さ28cm以上、はば10cmぐらい)
  • 両面テープ(クッション入りであつめのもの)
  • セロハンテープ
  • はさみ
  • 木工用接着ざい
  • 竹ぐしにつけるビーズ
  • 羽根のモール
  • 目玉パーツ

実験方法

鳥を作る

れんげをベースに、プラスチックコップや羽根のモールを使って、好きな色の鳥を作ってみよう!

1

プラスチックコップを切り取ってかざり用おおいを作る。
※プラスチックコップは、底の方までたてに切ってから横に切るとうまく切れる。

注意:はさみをつかうときは、けがをしないように気をつけよう

2

れんげに1のプラスチックへんを接着し、セロハンテープでほ強する。

プラスチックの上にクッション入り両面テープを重ねてはる。

3

れんげにダブルクリップを2こつける。
※れんげの底の角の位置ぐらいにつける

4

目玉パーツをクッション入り両面テープで接着する。

6cmに切った羽根のモールを頭にはる。

うら側がうまくはれない場合は木工用接着ざいではる。

からだにも12cmに切った羽根をはる。顔のまわりの羽根はぬれないようにはさみで短くする。

5

11cmに切ったネット包帯をかるくぬらしてから頭に通す。
ダブルクリップに竹ぐしを通し、竹ぐしを持つと、鳥の頭が下に下がるようにダブルクリップと包帯の位置を調整する。

土台を作る

1

プラスチックケースの側面に、竹ぐしのささえにするフォークをクッション入り両面テープで接着する。

注意:フォークや竹ぐしの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけよう。

2

水のみ用のワイングラスとこぼれる水のうけ皿にするカップを写真のように置く。
※鳥のダブルクリップに通す竹ぐしがフォークにのるかたしかめて、とがった先にはビーズなどをつけておこう。

遊び方

土台に鳥を置いて、水をのませてみよう。

2つのダブルクリップの内側の持ち手に竹ぐしを通した鳥を置く。コップに水をギリギリまで入れて、口先を水につけよう。水をのむように包帯が水をすいこむよ。

すいこんだ水は包帯の中を進み、れんげの中にたまる。
水がたくさんたまると、重さでれんげの先が下がり水がこぼれる。こぼれて軽くなると、カッコンと頭を下げて、また水をのむんだ。

注意:フォークや竹ぐしの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけよう。

動かない時は…

頭があがったまま下がらない
→ダブルクリップの位置を少しうしろにずらす →包帯の位置を、やや口の先にずらす(首の方より下がらない)

頭があがったまま下がらない
→ダブルクリップの位置を少しうしろにずらす →包帯の位置を、やや口の先にずらす(首の方より下がらない)

発展

ダブルクリップの位置を変えたり、包帯の位置を変えてみよう。

頭とからだのバランスがかわるとどうなるかな? いろいろ試してみよう。

まとめ方

カッコン水のみ鳥の作り方をかこう。れんげの鳥についているダブルクリップや包帯の位置によって、どんなときに水をのんで頭を上げるか、または水をのまないか実験して表にまとめよう。その結果わかったことを使った、一番良い水のみ鳥を完成させて写真にとろう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 使う材料をなめたり、口に入れたりしないこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。プラスチック板はかたいので、無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • 竹ぐしやフォークの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけること。また、とがった先を人に向けたりしないこと。
  • まわりがぬれたりよごれてもいい場所で実験しよう。
  • 火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがあるよ。使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP