PR

  メニュー閉じる

実験

ペットボトルでトルネードをおこせ!

実験 ペットボトルでトルネードをおこせ!

ペットボトルに入れた水で、トルネード(たつまき)みたいなうずがつくれるよ。まず基本のやり方でためしてから、条件(じょうけん)を変えて実験して、うずのでき方をくらべよう。

用意するもの

  • 500mLのペットボトル(どうが丸いもの)2本
  • ペットボトル用せっちゃくざい
  • ビニルテープ
  • きり
  • はさみ
  • ふきん

基本的なやり方

1

基本的なやり方

2つのペットボトルのふたを、ペットボトル用せっちゃくざいでくっつける。

注意:せっちゃくざいを手指やかみの毛、ふくなどにつけないように気をつけよう。

2

基本的なやり方

1のまわりにビニルテープをまいて、しっかりとめる。

注意:きりやはさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

3

基本的なやり方

まん中にきりであなをあけ、はさみの先をねじこんであなを広げる。

4

注意:よごれたり、ぬれたりしてもいい場所でやろう。

基本的なやり方

水を入れたペットボトルに3をつけ、空のペットボトルを上につなぐ。

5

基本的なやり方

水の入っている方を上にして、ふたのあたりをしっかり持ち、上のボトルを円をえがくようにすばやく回す。

6

基本的なやり方

まっすぐに立てると、上のボトルの水がうずをまきながら落ちる。

まとめ方

水が通るあなの大きさを変えて同じように実験し、水の流れ方を観察する。どうしたらうずをまいて流れるのか考えてまとめよう。

やり方

2つのペットボトルを、①ふたをとってつないだとき、②ふたに直径約5mmのあなをあけてつないだとき、③ふたに直径約8mmのあなをあけてつないだときに、それぞれ、中の水がうずをまいて流れるか調べる。

やり方

結果

結果

①は、さかさにしたとたんにあわをたてながら水が流れ落ち、うずまきにならなかった。

結果

②は、さかさにしても、上の方を回しても水は流れなかった。

結果

③は、さかさにしても水が流れなかったが、上の方を回すと、水がうずまきになって流れた。

わかったこと

水の通るあなが大きいと水はうずまきにならずに流れ、小さいと全然流れなかった。あなの直径が約8mmのときにペットボトルを回すと、水がうずまきになって流れた。

自分の考え

①ではポコポコあわを立てながら水が流れ、②ではあわができず水が流れなかったので、下のペットボトルから上に空気が入らないと水が流れないのだと思った。③でペットボトルを回すと、中の水が回転して外側にひっぱられ、水のまん中を空気が回りながら上って、うずまきができたのだと思う。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

発展

1Lのペットボトルでもできるかやってみよう!

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこの実験のしかたをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • きりやはさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときはおうちの人にやってもらうこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょにしっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。
PR
PR
PR

PAGETOP