PR

  メニュー閉じる

PR

工作

テンセグリティにちょうせん

工作 テンセグリティにちょうせん

かたい材料と引っぱる材料を使って、不安定に見えるけれど安定している立体を作る「テンセグリティ」。構造学者もびっくりのふしぎな工作を自由研究にしてみよう!

用意するもの

基本

  • 木のスティック 12本
  • 輪ゴム 6こ
  • ビニルテープ(3色)
  • はさみ
  • カラーペン

発展

  • 木のスティック 24本
  • 輪ゴム 12こ

おうちで用意するもの

  • ものさし
  • シール

つくり方

基本パーツをつくる

1

ビニルテープをまいた木のスティック

木のスティック2本を少しずらして重ね、ビニルテープをまく。

2

輪ゴムをかけると基本パーツのできあがり。

木のスティック2本のずらしを元にもどすと、2本の間に少しすき間ができる。
そこに輪ゴムをかける。基本パーツのできあがり。

基本パーツを6本つくる。2本ずつビニルテープで色わけする。

基本パーツを組み合わせる

3

だいだい色のスティックの輪ゴムを、緑のスティックの先にかける。

※輪ゴムの真ん中あたりがスティックにかかるようにしよう。

だいだい色のスティックの輪ゴムを、緑のスティックの先にかける。

※赤、白、黒のビニルテープを使うときは、青、緑、だいだい色とかいてあるところを、それぞれ赤、白、黒におきかえてつくってね。

4

緑のスティックの輪ゴムを青のスティックの先にかける。

緑のスティックの輪ゴムを青のスティックの先にかける。

5

青のスティックの輪ゴムをだいだい色のスティックの先にかけると、できあがり!

※輪ゴムがはずれてしまうときは、テープでとめておくとはずれにくい。

スティックにカラーペンでもようをかいたり、シールをはったりしてかざろう!

発展

もっと大きいテンセグリティ! できるかな?

ヒント:下の写真のような3本の組み合わせを2つ作って、それらをたて3本、横3本のスティックでつなごう。

なぜ? どうして?

アメリカの構造学者もびっくり!?

テンセグリティは、一見、かたい棒(ぼう)がういていて、くずれてしまいそうなふしぎな形をしている。かたい棒をひものような材料で引っぱってささえることで、くずれないしっかりしたつくりになっているんだ。

テンセグリティは、かたい材料と引っぱる材料を組み合わせたケネス・スネルソンの、ふしぎな形の彫刻作品(ちょうこくさくひん)を見たバックミンスター・フラーというアメリカの構造学者が、Tensional〔張力(ちょうりょく)による〕とIntegrity〔統合(とうごう)〕をくっつけて(tensegrity)という言葉を作ってよんだのが始まりだよ。

監修:秀明大学/大山光晴

ケネス・スネルソン「T-Zone Flight」

まとめ方

作ったテンセグリティを写真にとってはる。くふうしたところはどこか、作ってみてどうだったか感想を書こう。

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前に、このレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • 輪ゴムやペンの先を、ぜったいに口に入れたり、なめたりしないこと。
  • 輪ゴムを手や指に、きつくまきつけたりして遊ばないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

PAGETOP