PR

  メニュー閉じる

PR

工作

テンセグリティにちょうせん

PR
工作 テンセグリティにちょうせん

かたい材料(ざいりょう)()っぱる材料(ざいりょう)使(つか)って、不安定(ふあんてい)()えるけれど安定(あんてい)している立体(りったい)(つく)る「テンセグリティ」。構造(こうぞう)学者(がくしゃ)もびっくりのふしぎな工作(こうさく)自由(じゆう)研究(けんきゅう)にしてみよう!

用意(ようい)するもの

基本(きほん)

  • ()のスティック 12(ほん)
  • ()ゴム 6こ
  • ビニールテープ(3(しょく)
  • はさみ
  • カラーペン

発展(はってん)

  • ()のスティック 24(ほん)
  • ()ゴム 12こ

おうちで用意(ようい)するもの

  • ものさし
  • シール

つくり(かた)

基本(きほん)パーツをつくる

1

ビニールテープをまいた<ruby><rb>木</rb><rp>(</rp><rt>き</rt><rp>)</rp></ruby>のスティック

()のスティック2(ほん)(すこ)しずらして(かさ)ね、ビニールテープをまく。

2

<ruby><rb>輪</rb><rp>(</rp><rt>わ</rt><rp>)</rp></ruby>ゴムをかけると<ruby><rb>基本</rb><rp>(</rp><rt>きほん</rt><rp>)</rp></ruby>パーツのできあがり。

()のスティック2(ほん)のずらしを(もと)にもどすと、2(ほん)(あいだ)(すこ)しすき()ができる。
そこに()ゴムをかける。基本(きほん)パーツのできあがり。

基本(きほん)パーツを6(ほん)つくる。2(ほん)ずつビニールテープで(いろ)わけする。

基本(きほん)パーツを()()わせる

3

だいたい(いろ)のスティックの()ゴムを、(みどり)のスティックの(さき)にかける。

()ゴムの()(なか)あたりがスティックにかかるようにしよう。

だいだい<ruby><rb>色</rb><rp>(</rp><rt>いろ</rt><rp>)</rp></ruby>のスティックの<ruby><rb>輪</rb><rp>(</rp><rt>わ</rt><rp>)</rp></ruby>ゴムを、<ruby><rb>緑</rb><rp>(</rp><rt>みどり</rt><rp>)</rp></ruby>のスティックの<ruby><rb>先</rb><rp>(</rp><rt>さき</rt><rp>)</rp></ruby>にかける。

(あか)(しろ)(くろ)のビニールテープを使(つか)うときは、(あお)(みどり)、だいだい(いろ)とかいてあるところを、それぞれ(あか)(しろ)(くろ)におきかえてつくってね。

4

(みどり)のスティックの()ゴムを(あお)のスティックの(さき)にかける。

<ruby><rb>緑</rb><rp>(</rp><rt>みどり</rt><rp>)</rp></ruby>のスティックの<ruby><rb>輪</rb><rp>(</rp><rt>わ</rt><rp>)</rp></ruby>ゴムを<ruby><rb>青</rb><rp>(</rp><rt>あお</rt><rp>)</rp></ruby>のスティックの<ruby><rb>先</rb><rp>(</rp><rt>さき</rt><rp>)</rp></ruby>にかける。

5

(あお)のスティックの()ゴムをだいだい(いろ)のスティックの(さき)にかけると、できあがり!

()ゴムがはずれてしまうときは、テープでとめておくとはずれにくい。

スティックにカラーペンでもようをかいたり、シールをはったりしてかざろう!

発展(はってん)

もっと(おお)きいテンセグリティ! できるかな?

ヒント:(した)写真(しゃしん)のような3(ほん)()()わせを2つ(つく)って、それらをたて3(ほん)(よこ)3(ほん)のスティックでつなごう。

なぜ? どうして?

アメリカの構造(こうぞう)学者(がくしゃ)もびっくり!?

テンセグリティは、一見(いっけん)、かたい(ぼう)がういていて、くずれてしまいそうなふしぎな(かたち)をしている。かたい(ぼう)をひものような材料(ざいりょう)()っぱってささえることで、くずれないしっかりしたつくりになっているんだ。

テンセグリティは、かたい材料(ざいりょう)()っぱる材料(ざいりょう)()()わせたケネス・スネルソンの、ふしぎな(かたち)彫刻(ちょうこく)作品(さくひん)()たバックミンスター・フラーというアメリカの構造(こうぞう)学者(がくしゃ)が、Tensional〔張力(ちょうりょく)による〕とIntegrity〔統合(とうごう)〕をくっつけて(tensegrity)という言葉(ことば)(つく)ってよんだのが(はじ)まりだよ。

監修(かんしゅう)秀明大学(しゅうめいだいがく)大山(おおやま)光晴(みつはる)

ケネス・スネルソン「T-Zone Flight」

まとめ(かた)

(つく)ったテンセグリティを写真(しゃしん)にとってはる。くふうしたところはどこか、(つく)ってみてどうだったか感想(かんそう)()こう。

注意(ちゅうい)

  • 実験(じっけん)は、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにしよう。
  • 実験(じっけん)(まえ)に、このレシピをしっかり()んで、まちがった手順(てじゅん)(おこ)なわないようにしよう。
  • 実験(じっけん)使(つか)材料(ざいりょう)は、おうちの(ひと)用意(ようい)してもらうこと。
  • はさみを使(つか)うときは、けがをしないように()をつけよう。無理(むり)なときは、おうちの(ひと)にやってもらうこと。
  • ()ゴムやペンの(さき)を、ぜったいに(くち)()れたり、なめたりしないこと。
  • ()ゴムを()(ゆび)に、きつくまきつけたりして(あそ)ばないこと。
  • 実験(じっけん)のあとは、おうちの(ひと)といっしょに、しっかりあとかたづけをし、(ちい)さい()どもの()がとどかないところにしまうこと。

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究人気ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP