PR

  メニュー閉じる

PR

実験

10円玉のぴかぴか実験

実験 10円玉のぴかぴか実験

10 円玉は、銅が95% のコイン(残りの5% は亜鉛とスズ)。新しいうちはぴかぴかの銅色だけど、長い期間使われるうちに、くすんだ茶色になってしまうんだ。もう一度新しいときの色にする方法はないのかな? 身近な調味料などを、くすんだ茶色の10 円玉につけて、試してみよう。

用意するもの

  • 茶色くくすんだ10 円玉5 〜7 まい
  • 小皿
  • めんぼう
  • ティッシュペーパー
  • 台所用せんざい
  • 〔しょう油  ソース  ケチャップ  す  レモン果汁  タバスコ  ラー油〕などのうち、5 品くらい

実験方法

1

水と台所用せんざいをふくませたティッシュペーパーでこする。

同じくらい茶色くなった10 円玉を、まず水と台所用せんざいをふくませたティッシュペーパーでこする。
※これでよぶんなよごれは取れたはずだけど、10 円玉の茶色いくすみは取れないよね。10 円玉の茶色いくすみの原因は、単なるよごれではないことがわかったかな。

2

10 円玉を、少し間をあけて小皿にならべる。

10 円玉を、少し間をあけて小皿にならべる。あとでくらべられるように、写真をとっておこう。

3

めんぼう1 本ずつにそれぞれの液体をつけて、10 円玉にたらすようにぬる。

〔しょう油  ソース  ケチャップ  す  レモン果汁  タバスコ  ラー油〕などのうち、5 品くらい
めんぼう1 本ずつにそれぞれの液体をつけて、10 円玉にたらすようにぬる。

4

15 分くらいしたら、ティッシュペーパーでそっとふき取る。

15 分くらいしたら、ティッシュペーパーでそっとふき取る。写真をとってワークシートにはろう。

まとめ方

それぞれの調味料などで、茶色くくすんだ10円玉がどう変わったか、ワークシートにまとめる。

それぞれの調味料などで、茶色くくすんだ10 円玉がどう変わったか表にまとめる

ワークシートをダウンロードする

わかったこと

ソース、ケチャップ、す、タバスコの成分表を見ると、すが使われている。また、しょう油、ソース、ケチャップ、タバスコの成分表を見ると、食塩が使われている。

調べてみると、すには「酸」がふくまれていて、酸が10 円玉の茶色いくすみを取ることがわかった。そもそも茶色くくすんだものは、10 円玉にふくまれている銅が酸素と結びついて(酸化)できた膜だった。

これに酸が触れると、酸素は酸と結びつく。酸素がうばわれる(還元)ため、茶色いくすみは取れて、ぴかぴかの銅になる。

レモン果汁でもぴかぴかになるが、これはレモン果汁にもクエン酸という酸がふくまれているから。

また、すだけよりも、食塩がふくまれている調味料の方が、よりぴかぴかになった。これは食塩に反応を助けるはたらきがあるから。

しょう油には、すがふくまれていないのに、少しぴかぴかになった。それは、しょう油にも乳酸などの酸が少しふくまれているから。

発展

調べてみると、ほかにも銅を使ったコインはあります。5 円玉(銅60 〜70%、亜鉛30 〜40%)、50 円玉・100 円玉(銅75%、ニッケル25%)、500 円玉(銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%)です。

5円玉も古いものはくすんだ黄土色になり、50円玉・100円玉・500円玉の古いものはつやが消えて白っぽくなります。これらのコインでも同じようにやってみましょう。

これらのコインでも同じようにやってみましょう。

注意

  • 実験は必ずおうちの人といっしょにやろう。
  • 実験をする前に、実験のやり方をよく読んでからはじめよう。
  • 使う調味料が手についたときは、流水でよくあらうこと。調味料がついた手で目をさわったりしないこと。
  • 10円玉やティッシュペーパーをなめたり口に入れたりしないこと。あやまって飲(の)みこむと、ちっそくのおそれがあり、きけんです。
  • めんぼうの先たんなどを人に向けたりしないこと。
  • 実験のあとは手あらいとあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP