PR

  メニュー閉じる

PR

実験

にじ色シャボン玉

実験 にじ色シャボン玉

水と台所用せんざいでシャボン液(えき)ができる。シャボン液を強くするためにPVA入りの洗たくのりやグリセリン、さとうなどを入れてみよう。そのシャボン液と身の回りの道具を使えば、かわったシャボン玉ができるよ。いろんなシャボン玉を作ってくらべてみよう。

用意するもの

  • 台所用合成せんざい(成分表記に界面活性剤(かいめんかっせいざい)30%以上とかいてあるもの) 45mL
  • せんたくのり(PVAとかいてあるもの) 60mL
  • 水(一度わかしてからさましたもの) 240mL
  • グリセリン入りのけしょう水(成分表記にグリセリンとかいてあるもの) 15mL
  • さとう 大さじ2
  • 計量カップ(500mL以上入るもの)
  • 計量スプーン(大さじ)
  • スプーン
  • 平らで底が広めの入れもの(シャボン液を入れて使う)
  • もちやきあみ
  • おろし器
  • フライがえし
  • カスあげなど
  • 太目のはりがね
  • ボールやバケツなど大きめのよう器

わく

  • ワイヤーハンガー
  • テーピングテープやほうたい

実験方法

シャボン液(えき)を作ろう

1

実験方法

計量カップに材料をはかりながら入れる。

  • 水(一度わかしてからさましたもの)240mL
  • せんたくのり(PVA)60mL

ここまでで、合わせて300mLになる。
ここからは大さじではかって入れよう。

  • 台所用合成せんざい(界面活性剤30%以上)大さじ3(45mL)
    ※おおよそ45mLになることを計量カップでたしかめよう
  • グリセリン入りのけしょう水 大さじ1(15mL)
  • さとう 大さじ2

2

スプーンでしずかにかきまぜて、全体がなじむまで、1時間くらいおいておく。
※できるだけ、あわ立てないようにかきまぜてね。
※計量カップに“シャボン液”と書いておくといいよ。

わくを作ろう!

1

わくを作ろう!

ワイヤーハンガーにテーピングテープまたはほうたいをまきつける。

2

わくを作ろう!

ぐるっと一周まいたらできあがり。

ワイヤーハンガーのはしで、けがをしないように気をつけよう。

シャボン玉を飛ばそう!

1

平らで底が広めのよう器にシャボン液を入れる。

2

シャボン玉を飛ばそう!

わくをシャボン液につけて、たっぷりしみこませる。わくの中全体にシャボン液のまくがはるようにしてみよう。

3

シャボン玉を飛ばそう!

わくをななめにしてゆっくりと持ち上げ、しずかにふってみよう。

一度めにできなくても、何度かくり返すとできるようになるよ。
自分なりに、シャボン玉ができやすい方法をさがしてみよう。

いろんな道具でシャボン玉を作ってみよう!

ためした道具とシャボン玉のようすをワークシートに記入しよう。

いろんな道具でシャボン玉を作ってみよう!

発展 いろいろな形を作ってみよう!

はりがねで、いろいろな形のわくを作り、シャボン液をつけてみよう。作った形とシャボン玉のようすをワークシートに記入しよう。
※シャボン液を少し多めに作り、大きめのよう器を使う。

発展 いろいろな形を作ってみよう!

はりがねのはしで、けがをしないように気をつけよう。

まとめ方

ワークシートをダウンロードして必要な数だけ印刷し、実験のようすをメモして使おう。使った道具ごとに、できたシャボン玉の形や色、でき方などで気づいたことをかく。イラストをかくか、写真をはっておこう。どんな道具だと、どんなシャボン玉ができるのか、くらべてわかったことをまとめよう。

ワークシートダウンロード

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

どうしてシャボン玉ができるの?

表面張力のため、玉のように丸まった水てき

水には、おたがいに引っぱり合って小さくまとまろうとする性質(せいしつ)がある。
これを「表面張力」というよ。この性質があるため、水はうすく広がるのが苦手なんだ。だから、水だけでできているあわは、すぐに消えてしまう。
せんざいや石けんには、水の表面張力を小さくするはたらきがある。せんざいや石けんをまぜることで、水はうすいまくを作れるようになり、あわのままでいたり、シャボン玉になったりできるんだよ。そして、せんたくのり(PVA)やグリセリン、さとうには、水のまくをじょうぶにたもつはたらきがあるよ。

※その日の天気や気温、しつ度などが、シャボン玉のできやすさ、できにくさにえいきょうをあたえるよ。

シャボン玉がにじ色に見えるのはなぜ?

シャボン玉がにじ色に見えるのはなぜ?

シャボン玉に光が当たると、光はシャボン玉のまくの外側と内側の表面で反射(はんしゃ)する。この反射した2つの光がまざることで、決まった色だけを強め合ったり打ち消し合ったりする。その強められた色がにじのように見えるんだ。これを光の「干渉(かんしょう)」というよ。

※雨上がりに見えるにじや、CDのうら面なども同じだよ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

ハンガーを丸くしてシャボン液をはってみた

ハンガーのシャボン玉

ハンガーのシャボン玉ふんわり

もちやきあみでためしてみると

おろし器では

フライがえしでは

カスあげでは

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 作ったシャボン液をなめたり、のんだりしないこと。万一のみこむと、とてもあぶないよ。
  • おうちの人が、シャボン液をまちがってなめたり、のんだりしないよう、十分気をつけよう。
  • ワイヤーハンガーのはしやはりがねで、けがをしないように気をつけよう。
  • シャボン液がついた手で目をこすったりしないように気をつけよう。万一目に入ったときは、すぐに大量の水であらい流そう。
  • まわりがぬれてもいい場所で実験しよう。
  • よごれてもいい服そうで実験しよう。
  • 外で実験をするときは、ぼうしをかぶって、こまめに水分をとるようにしよう。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。
  • 残ってしまったシャボン液はおうちの人に管理してもらおう。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP