PR

  メニュー閉じる

PR

実験

小さな箱の大きな世界

実験 小さな箱の大きな世界

おうちのようにした箱の中の側面に、手作り鏡と鏡を向かい合わせておき、小さなあなからのぞいてみよう! 中にあるものがどう見えるかな? 思いもしなかった大きな世界が広がる、あわせ鏡を使ったふしぎな実験だよ。

用意するもの

  • ふたつきの箱
  • のり付きパネルまたは色紙(しきし)2まいパック
  • アルミシート
  • クリアホルダー
  • マスキングテープ(こいめの色)
  • 強力両面テープ
  • 箱に入れるマスコット人形など
  • 箱をぬるアクリル絵の具など
  • プッシュピン
  • ものさし
  • はさみ
  • カッターナイフ
  • カッターマット
  • セロハンテープ
  • 木工用せっ着ざい
  • 半紙やコピー用紙などの紙
  • えんぴつ

発展

  • 鏡2まい

実験方法

作り方

1

ふたを図のように切った箱を組み立てる。

カッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

2

1で作ったふたのあなには、あなよりひとまわり大きく切り取ったクリアホルダーをはりつける。 これが明かり取りになるよ。

注意:はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

3

のり付きパネルは箱の底板と、手作りミラー用パネルに切り分ける。

※色紙の場合は1まいずつ使う。

4

手作りミラー用パネルの中心には1cm角のあなをあける。

対角線を引いて中心を決め、1cm角の四角を下書きしてからカッターナイフで切る。

5

アルミシートを、ミラー用パネルより5cmぐらい大きめに切る。ミラー用パネルにかぶせ、表面がピンとはるように、いろいろな方向から引っぱりながらセロハンテープでとめる。

アルミシートは、表面にキズのないところを選ぼう。
アルミシートがこすれてキズが付かないように、下に半紙などやわらかい紙をしこう。

※対角線ではっていくのがコツ。

6

パネルのあなの位置のアルミシートを切り取れば手作りミラーのできあがり。
※顔などが写るかたしかめよう。

7

底板のパネルに、マスキングテープをはってから、シールの紙をはがして箱の底にはる。
※色紙の場合は両面テープではる。

カバーをはずした鏡を箱のおくに両面テープではる。

注意:あぶないので、おうちの人にやってもらおう。

フレームが大きいときは、折り曲げて入れる。

9

箱の手前に手作りミラーを両面テープでせっ着し、ミラーのあなと同じあなを箱にもあける。

10

1でふたからはずしたダンボール紙でドアやまどを作って、箱の外側に木工用せっ着ざいではる。かべや屋根は、好きな色にぬろう。

注意:色をぬるときは、よごれてもいい場所でやろう。

中に人形などを置いて、あなから中をのぞいてみよう。

屋根の明かり取りに光が当たるようにすると、箱の中が明るくなるよ

動画をチェック!

発展

横にも鏡を置いたらどうなるかな?

あと2まい鏡を用意して、側面にも置いてみよう。

まとめ方

手作り鏡を使った小さなおうちのつくり方をかく。小さなあなからのぞいたときにどう見えたかを書こう。また、どうしてそうなったのかも調べて書く。4まいの鏡を入れた場合はどうなるか、合わせ鏡の合わせ方を変えたらどうなるか、実験してまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

人形がたくさん見えるのはなぜ?

箱の中に向かい合って平行に置かれた2まいの鏡は、その間の像(ぞう)を写す。 おたがいの鏡は、それぞれの鏡に写った像も写すことになるよ。2まいの鏡の間で、何回も像を写しあうので、たくさんの人形の像が見えたんだ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 使う材料をなめたり、口に入れたりしないこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。箱のダンボール紙はかたいので、無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • プッシュピンの先で、目や顔、手などをけがしないように気をつけよう。
  • 鏡がわれたりしないように、ふみつけたり落としたりしないこと。また、鏡のふちでけがをしないように十分気をつけること。
  • まわりがよごれてもいい場所で実験しよう。
  • 小さな箱を火に近づけたり、熱くなるもののそばに置きっぱなしにしないこと。
  • ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがあるよ。使わないときは、小さい子の手がとどかないところにしまうこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP