夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 工作・フリーアート > 風船ピニャータをつくろう!

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学1・2年生小学3・4年生小学5・6年生

作り方

正方形の紙を、ふくらませた風船にはりつけて、最後に風船を取り出すと中が空どうのくす玉のようなものができあがるよ。海外では、これを「ピニャータ」とよんで、中におかしを入れて、たたいてわるゲームに使っているところもあるんだ。風船ピニャータを自由にかざって、いろいろな作品にしてみよう。

用意するもの

、風船、正方形に切った新聞紙・ちらし・コピー用紙など(200まいくらい)、でんぷんのり、プラスチックの入れもの(のりを入れるものと、作業中に風船を置いておくもの)、せんたくピンチハンガー、セロハンテープ、はさみ、カッターナイフ、アクリル絵の具、筆、画用紙などかざるもの

1.風船に新聞紙などをはろう

  • 1

    新聞紙・ちらし・コピー用紙などを7〜8cmくらいの正方形に切ったものをたくさん用意する。種類ごとにわけておこう。

  • 2

    風船をふくらませ、口をとじる。

よごれたり、ぬれたりしてもいい場所でやろう。

  • 3

    でんぷんのりをプラスチックの入れものに入れ、のりの3倍の水でとく。

  • 4

    3ののりに1でつくった正方形の紙をひたす。一気にたくさんの紙を入れるとくっついてしまうので、2〜3まいずつ入れよう。このとき使う紙の種類は、新聞紙だけにしよう。

  • 5

    2の風船の口の部分を持って、4の新聞紙をはりつけていく。紙のはしは少し重ねてはっていく。風船の口の部分は、紙をはらずに残しておく。作業中につかれたら、プラスチックの入れものなどにいったん置こう。

  • 6

    全体にはり終わったら、洗たくピンチハンガーなどでつるしてかわかす。

  • 7

    6の上から今度はちらしをはっていく。1重目は新聞紙、2重目はちらし、3重目はコピー用紙…と、紙の種類をわけて5重目まではっていく。種類を変えることで、何重目まではったかがわかりやすくなるよ。全体をはりおわったら、1回1回かわかす。

  • 8

    5重まではりおわったら、手でさわって、水分を感じなくなるまでしっかりかわかす。

  • 9

    風船の紙をはっていない部分にセロハンテープをはって、そこにはさみで小さくあなをあけて、少しずつ空気をぬく。

  • 10

    あなからしぼんだ風船を取り出す。これが基本の風船ピニャータになるよ。

「おりがみ工場」を使うと、かんたんにおり紙サイズ(約15cm×15cm)と小さいサイズ(約7.5cm×7.5cm)に紙を切ることができるよ。

はさみを使わなくても紙を切れるようになっているから安心だね。風船ピニャータをつくろう!には、たくさんの正方形の紙が必要だから、大助かり!

2.風船ピニャータを使って工作しよう

  • 1

    完成した基本の風船ピニャータに、絵の具で色をつけたり、色画用紙でかざりつけて、作品をつくろう。ワークシートには、風船ピニャータを使った、きょうりゅうのたまご、貯金箱、おきあがりこぼしのつくり方がのっているよ。

風船ピニャータをつくろう!の見本・ワークシートがダウンロードできます。
  • ※「PDFのページサイズに合わせて用紙を選択(せんたく)」らんのチェックをはずして印刷しよう。

工作・フリーアートのまとめ方の例を見てみよう

注意

・風船ピニャータをつくるときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
・始める前に、このページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
・使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
・絵をかくときは、新聞紙をしくなどして、よごれたり、ぬれてもいいところでやろう。
・紙を切るときは、けがをしないように気をつけよう。
・紙のはしで手を切ることがあるよ。十分注意しよう。
・風船ピニャータをつくったあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。
・あらった道具は、きれいになったかどうか、おうちの人にたしかめてもらおう。

工作・フリーアートをするときの注意(工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

※この工作・フリーアートは、8月31日までの公開です。