PR

  メニュー閉じる

PR

工作

ナスカの地上絵にちょうせん!

工作 ナスカの地上絵にちょうせん!

およそ2000年前、南アメリカ大陸の国ペルーのナスカにあるさばく地帯(ちたい)に、地表の石やすなを取りのぞくことで線をつくり、かかれた絵があるんだ。空から見てみないと、全体がわからないほど、巨大(きょだい)な絵もあるよ。

どうやってこの巨大な絵をかいたかについては、いろいろな説があるよ。ここでは、マス目の上に絵をかき、そのマス目を拡大(かくだい)することによって大きな絵をかく方法を使い、小さな絵を大きな絵にしてみよう。

ナスカの地上絵

用意するもの

  • ワークシート
  • 模造紙(もぞうし)
  • 5mm方眼紙(ほうがんし)
  • 細いペン
  • じょうぎ
  • はさみ
  • 両面テープ
  • のり
  • 絵の具など色をつける材料

作り方

1.ナスカの地上絵にちょうせん!の見本・ワークシートを使ってためしてみよう

1

作り方

ワークシートをダウンロードして、プリントアウトする。

ワークシートダウンロード

2

作り方

まずは、見本のページから、つくってみたい絵を決める。

3

作り方

見本の絵がかかれているマス目の数だけ、おり紙ぐらいの大きさの正方形の紙をつくり、左上に数字をかいていく。

注意:紙を切るときは、けがをしないように気をつけよう。

4

作り方

方眼紙のマス目と同じ数字がかかれている3でつくった正方形の紙に、マス目と同じ絵をかき写していく。

注意:絵をかくときは、新聞紙をしくなどして、よごれてもいいところでやろう。

5

作り方

かき終わったら、両面テープ、もしくはのりで、順番に模造紙の上にはっていこう。

6

作り方

5でできた大きな絵に、色をぬろう。

注意:絵をかくときは、新聞紙をしくなどして、よごれてもいいところでやろう。

7

作り方

なれたら、ワークシートの5ページにある方眼紙(ほうがんし)を使って、オリジナルの絵にちょうせんしよう。

注意:絵をかくときは、新聞紙をしくなどして、よごれてもいいところでやろう。

2.ナスカの地上絵にちょうせん!

1

作り方

1の1でプリントアウトしたワークシートを用意する。

2

作り方

見本の中から、つくってみたい地上絵を決めるよ。

3

作り方

見本の絵がかかれているマス目の数だけ、おり紙ぐらいの大きさの正方形の紙をつくり、左上に数字をかいていく。

注意:紙を切るときは、けがをしないように気をつけよう。

4

作り方

方眼紙のマス目と同じ数字がかかれている3でつくった正方形の紙に、マス目と同じ絵をかき写していこう。

注意:絵をかくときは、新聞紙をしくなどして、よごれてもいいところでやろう。

5

作り方

かき終わったら、両面テープ、もしくはのりで、順番に模造紙の上にはっていこう。

6

作り方

5でできた大きな絵に、色をぬろう。大きさがわかるように、自分の横に絵を置いて、写真をとってもらおう。

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • 地上絵をつくるときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 始める前に、このページをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • 絵をかくときは、新聞紙をしくなどして、よごれたり、ぬれてもいいところでやろう。
  • 紙を切るときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 紙のはしで手を切ることがあるよ。十分注意しよう。
  • 地上絵をつくったあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。
  • あらった道具は、きれいになったかどうか、おうちの人にたしかめてもらおう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。

PAGETOP