PR

  メニュー閉じる

工作

プラネタリウムをつくろう

工作 プラネタリウムをつくろう

星座の形や星の明るさを調べて、オリジナルのプラネタリウムをつくろう。

作り方

1

作り方

空き箱(四角でおく行きが20cmくらい)の面のひとつを、カッターナイフで切って、面が「コ」の字型に残るようにする。ソケットに豆電球を入れ、リード線を電池ボックスにつなげる。絵のように、段(だん)ボールや工作用紙でつくった台にセロハンテープでソケットを固定する。

2

作り方

古新聞を数枚(すうまい)重ねて、その上に黒い画用紙を置く。おしピンを使って、ひとつの星座(せいざ)の並(なら)び、星の明るさと同じように穴(あな)をあけて、星座カードをつくる。
1等星などの明るい星は、えん筆などで穴を大きめにしよう。

3

作り方

工作用紙を空き箱のAの面と同じ大きさの「コ」の字型に切る。切った工作用紙と面の間に、星座カードを差しこめるようにすき間を残して、Aの面にはりつける。電池ボックスに電池を入れて、豆電球がついたら、星座カードをさしこんで、部屋を暗くする。

作り方

星座早見盤(せいざはやみばん)をプリントして、穴をあけて使ってもよい。

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • カッターナイフやおしピンでけがをしないように、気をつけよう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。

絵:渡辺潔
協力:国立天文台天文情報センター 小野智子
提供:JAXA×YAC×学研キッズネット

PR
PR
PR

PAGETOP