PR

  メニュー閉じる

PR

工作

ペーパー・パッチワーク

工作 ペーパー・パッチワーク

小さく切った布(ぬの)をつなぎ合わせて一まいの大きな布をつくる「パッチワーク・キルト」を知っているかな? 布のかわりに紙を使った「ペーパー・パッチワーク」をつくってみよう。

小さく切った布(ぬの)をつなぎ合わせて一まいの大きな布をつくる「パッチワーク・キルト」を知っているかな? 針(はり)と糸を使ってぬい合わせていくから、少しむずかしいね。そこで、布のかわりに紙を使った「ペーパー・パッチワーク」をつくってみよう。いらなくなったほうそう紙や折りこみちらしなどを再利用(さいりよう)すれば、エコにもなるね。正方形の紙と、その半分の二等辺三角形の紙を組み合わせて、いろいろなペーパー・パッチワークができるよ。

用意するもの

  • ワークシート
  • 画用紙
  • ほうそう紙や折りこみちらし
  • ものさし
  • えんぴつ
  • はさみ
  • のり

作り方

1.ペーパー・パッチワークの見本シートを使ってつくろう

1

作り方

ワークシートをダウンロードして、プリントアウトする。つくってみたい見本を選ぼう。

ワークシートダウンロード

2

作り方

まず、ほうそう紙などの紙を正方形に切ったものをたくさん用意する。

注意:はさみなどを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

3

作り方

2の正方形を対角線で半分に折る。はさみを使って、折り目で半分に切ると、二等辺三角形の紙ができる。

注意:はさみなどを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

4

作り方

画用紙を用意する。選んだ見本を見ながら、同じようになるように、画用紙にはっていこう。これで、ペーパー・パッチワークのできあがり。

注意:よごれてもいいように、新聞紙などをしこう。

2.ペーパー・パッチワークのパターンを自分で考えてつくってみよう

1

作り方

正方形と二等辺三角形の組み合わせでできるパターンを考えて、画用紙にかいてみよう。

2

作り方

2のパターンをつくるために必要な正方形と二等辺三角形の紙をつくる。パターンを見ながら、画用紙に紙をはっていこう。全部はったら、オリジナルのペーパー・パッチワークのできあがり!

まとめ方

まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう

注意

  • ペーパー・パッチワークをするときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 始める前にこの作り方をしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
  • 使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • よごれてもよいところでやろう。
  • 紙を切るときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 紙のはしで手指を切ることがあるよ。十分注意しよう。
  • のりを使うときは、のりの注意書きをよく読んでから使おう。
  • 工作をしたあとは、おうちの人といっしょに手をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。

工作をするときの注意

工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 工作に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人に確(たし)かめよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしん、おしピンなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • 工作・フリーアートを始める前には、まわりをかたづけよう。よごれたりぬれたりするおそれがある場合は、新聞紙やビニルシートをしこう。
  • カッターナイフを使うときは、下にカッターマットや厚紙(あつがみ)などをしいて、つくえやゆかをきずつけないようにしよう。
  • 作業が終わったら材料(ざいりょう)や道具をきちんとかたづけ、作業をしていた場所をきれいにしよう。
  • 工作で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 作業が終わったら、必ず手をよくあらうこと。
  • 接着(せっちゃく)ざいは、目的に合ったものを使おう。
PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP