星はどうして光っているの

星はどうして光っているの

夜空にかがやいている星を見ると、大きさにちがいはあっても、みな同じ種類のように思えます。しかし、星は大きく3つに分けられます。

その3つは、惑星(わくせい)と、衛星(えいせい)と、恒星(こうせい)です。惑星とは地球のような星のことで、衛星とは月のような星、恒星は太陽のような星のことです。
このなかで、惑星と衛星は、太陽の光を反射(はんしゃ)してかがやいています。しかし、夜、わたしたちがいつも見ている星の中で、この惑星と衛星は、ほんの少ししかありません。大部分は、太陽のように自分で光を出す恒星という星たちなのです。
恒星は、ほとんどが、水素(すいそ)というガスでできていて、これが、光エネルギーのもとになっています。ただし、家で使われるガスが燃えて熱くなるのとはちがいます。水素は、恒星の中心部分で、核融合(かくゆうごう)を起こし、その水素がヘリウムとよばれるものにかわります。そのときに、熱と光が出るのです。そのため、星はいつも光って見えるのです。

PAGETOP