PR

  メニュー閉じる

PR

工作

UVレジンで標本づくり

工作 UVレジンで標本づくり

とう明なレジンで小さい花や貝をかためよう。きれいで見やすい標本を作って、自由研究にしよう。

用意するもの

  • UVレジンハードタイプ
  • プラスチックのよう器
  • ポリエチレン手ぶくろ
  • お湯でやわらかくなるねんど(2本)
  • ボウル
  • つまようじ
  • 直径15mmくらいのぼう(単3形乾電池(かんでんち)など、表面がつるつるしていて、できるだけ凸凹がないものがよい)
  • はさみ
  • わりばし
  • 標本にしたい小さい花や貝など(水気のないもの)

発展

  • 花や貝など標本にしたいもの(水気のないもの)
  • UVレジンハードタイプ
  • お湯でやわらかくなるねんど

作り方

型を作る

1

ボウルに80℃以上のお湯を入れる。その中に、お湯でやわらかくなるねんど(2本)を2~3分入れてやわらかくする。

注意:お湯でやけどしないようにする。
注意:あぶないので、おうちの人にやってもらおう。

2

やわらかくなったねんどをわりばしで取り出す。

注意:お湯でやけどしないようにする。

直径15mmくらいのぼうの先にすき間なくつける。

3

平らなテーブルなどに置いて、底を平らにする。

ねんどがかたくなったら、ぼうをぬく。

4

はさみで口の部分をきれいに切れば、標本の型のできあがり。

注意:むずかしいときは、おうちの人にやってもらおう。

標本にしたいものを入れる

1

標本にしたい小さい貝をあらって十分にかんそうさせる。

花はおし花にしてかんそうさせる。

2

風通しのよい日光の当たらない部屋の中で、プラスチックのよう器の中にの型を置く。
型にUVレジンを少し(3mmくらい)流しこむ。 あわができたときは、つまようじでつついてあわをつぶしてとる。

注意:手ぶくろをして、レジンが手につかないようにしよう。
注意:つまようじを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

つぎに外に出して、3~10分直接太陽光に当てて固める。

3

真ん中に標本にしたいものを入れる。 ※つまようじでつついて、うまく入れよう。

注意:つまようじを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

4

風通しのよい日光の当たらない部屋の中で、型にレジンを少し(3mmくらい)流しこむ。

あわがあるときは、つまようじでつぶしてとる。

つぎに外に出して、3~10分直接太陽光に当てて固める。

これを、型のあながレジンでいっぱいになるまでくり返す。

注意:つまようじを使うときは、けがをしないように気をつけよう。

5

陽光に当てて、レジンがしっかり固まったら、型から取り出す。

できあがり!

なぜ? どうして?

UVレジンの「UV」と「レジン」ってなに?

UV(Ultra Violet)は、紫外線(しがいせん)のことだよ。紫外線は、人間の目では見えない光のなかまで、目に見える光よりも大きなエネルギーを持っているよ。 レジン(樹脂(じゅし))は、天然のものは植物から出る「やに」とよばれるもので、化石になったものをコハクというよ。人工的に石油から作られる合成樹脂もある。 UVレジンは、紫外線のエネルギーを受けると化学反応が進んで固まるせいしつを持っている合成樹脂なんだ。

太陽からきて地表にとどく紫外線は、UV-A とUV-B。 UV-Aは、わたしたちの細胞(さいぼう)をいきいきさせる。UV-Bはわたしたちの皮ふを日焼けさせる。人間はこのときビタミンDをつくることもできる。ときどき日光をあびることも大切。ただ、日焼けしすぎるのも体によくないので、注意が必要だよ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

まとめ方

標本を作って、くらべてみよう。同じように見える花や貝でもちがいはあるかな。表にまとめると見やすいよ。
まとめ方のコツ 工作の例」を見てみよう。

発展

いろいろな標本を作ってみよう

花や貝など、いろいろな種類のものを集めて、標本をつくろう。
標本を観察すると、新しい発見があるはずだ。

注意

  • 工作は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 工作前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 工作に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • お湯を使うときは、やけどをしないように気をつけよう。無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • UVレジンを使うときは、ポリエチレン手ぶくろをつけて手などにつかないようにしよう。また、風通しの良いところで使い、においをすいこまないようにすること。
  • はさみや先のとがったものを使うときは、人に向けたりしないこと。またけがをしたりしないように気をつけよう。
  • 工作のあとは、おうちの人といっしょにしっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP