PR

  メニュー閉じる

PR

実験

とびだせ! 3Dめがね

実験 とびだせ! 3Dめがね

あつ紙とカラーセロハンで3Dめがねをつくろう。赤の水性(すいせい)ペンと黄緑の蛍光(けいこう)ペンで絵をかいて3Dめがねで見れば、その絵が飛び出して見えるよ!

用意するもの

  • あつ紙
  • 水性ペン(黒・ピンク)
  • 蛍光ペン(黄緑)
  • カラーセロハン(赤・緑)
  • カッターマット
  • はさみ
  • カッターナイフ
  • コピー用紙
  • ものさし
  • えんぴつ
  • のり

実験方法

3Dめがねを作る

1

あつ紙に3Dめがねの図を書く。
型紙をはってもいいよ。

2

あつ紙を3Dめがねの形にはさみとカッターナイフで切り取る。

注意:カッターナイフで切るときは、カッターマットをしこう。
はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
あぶないので、おうちの人にやってもらおう。

3

たて4cm、横7cmに切ったセロハンのふちにのりをつけて、図のように重ねてはる。山おり線をおってはり合わせる。

※山おり線はボールペンで何度か強くなぞってみぞをつけるとおりやすい

4

耳にかける部分をはったらめがねのできあがり

3Dの絵をかく

1

水性ペン(黒)でコピー用紙に絵をかく。この絵は下絵になる。

2

下絵の上にコピー用紙を重ねて、水性ペン(ピンク)でうつしとる

3

※黄緑とピンクの線は同じくらいの太さになるようにする。

【飛び出す絵のかき方】

重ねたコピー用紙を2~3mm左にずらして、同じ下絵を蛍光ペン(黄緑)でうつしとる。

【飛び出さない絵のかき方】

水性ペン(ピンク)でかいた線を蛍光ペン(黄緑)でなぞる。

【おくに見える絵のかき方】

重ねたコピー用紙を2~3mm右にずらして、同じ下絵を蛍光ペン(黄緑)でうつしとる。

3Dめがねで3Dの絵を見る

3Dめがねをかけて、3Dの絵を見ると、飛び出て見えたり、おくに見えたりするよ。

いろいろな3Dの効果をねらった絵をかいて、3Dめがねで見てみよう!

まとめ方

3Dめがねのつくり方をかこう。どんな絵が飛び出して見えて、どんな絵がおくに見えるのかをためして書こう。いろいろな3Dの効果をねらった絵をかいて、どう見えたかをまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

なぜ? どうして?

どうして、3Dに見えるの?

ものを見るときは、右目が見ているものと左目が見ているものを、脳がまとめて、立体的に見えるんだ。

3Dの絵を3Dめがねで見ると、右目には右目用の絵だけが、左目には左目用の絵だけが見えるので、その絵を脳がまとめると、ものを見るときと同じように立体的に見えるんだ。

監修(かんしゅう):秀明大学 大山光晴

注意

  • 実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
  • 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。
  • 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。特にあつ紙はかたいので、切るのが無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。
  • ペンの先をなめたり、口に入れたりしないこと。また、皮ふにかいたりしないこと。
  • 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。
  • まわりがよごれてもいい場所で実験しよう。
  • 3Dめがねを長い時間かけないこと。
  • 3Dめがねをかけたまま外に出たり、歩き回ったり、走ったりしないこと。
  • 実験のあとは、おうちの人といっしょに、しっかりあとかたづけをし、小さい子どもの手がとどかないところにしまうこと。

100円ショップ商品で自由研究へ

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP