夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > アイデアデータベース > 工作・フリーアート > マイ望遠鏡で星空を見上げよう

アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生中学生

作り方

工作紙と拡大鏡(かくだいきょう)、老眼鏡(ろうがんきょう)を使って望遠鏡を作ろう。マイ望遠鏡を使って星空を見上げてみよう!
※拡大鏡や老眼鏡、できあがった望遠鏡で太陽を見ないこと。

まとめ方

望遠鏡の作り方をかく。望遠鏡の写真をはって、むずかしかったところ、工夫したところをしめそう。
自然観察や天文観察をしてみて、どう見えたかをまとめよう。写真をとるのはむずかしいから、イラストでまとめるといいね。老眼鏡の度数を変えたり、つつの長さを変えると見え方が変わるよ。どう変わるかためしてみると実験になるね。

用意するもの

工作紙、拡大鏡(かくだいきょう)3こ、+3.0か+3.5の老眼鏡(ろうがんきょう)、フェルト、両面テープ、ニッパー、はさみ、カッターナイフ、コンパス、ものさし、えんぴつ、セロハンテープ

望遠鏡を作ろう
工作紙を図のように切り、カッターで切りこみを入れよう。

つつを作る。切りこみを内側に折りこんで両面テープではり、全体にまきぐせをしっかりつけて両面テープではる。
つつの外側をセロハンテープで補強(ほきょう)し、切りこみのない方の先に、はば2cm、長さ25cmに切ったフェルトを両面テープではりつける。
ニッパーで老眼鏡のフレームを切り、レンズを1つはずす。
対物レンズの工作紙にレンズを置き、えんぴつで形をなぞってから、ひとまわり小さく線を引く。
ひとまわり小さく引いた線にそって工作紙をカッターで切りぬく。
セロハンテープでレンズを工作紙にはりつける。
工作紙を図のように折って、両面テープとセロハンテープではり合わせると、対物レンズの完成。

接眼(せつがん)レンズを作ろう。拡大鏡を3つ重ねてセロハンテープでとめ、レンズのまわりにはば2cm、長さ20cmに切ったフェルトを両面テープではりつける。
つつに対物レンズと接眼レンズを取りつけて、できあがり。

望遠鏡の見方
接眼レンズを一番前にして見たいものに向け、少しずつ後ろに動かしながらピントを合わせよう。この望遠鏡は、上下左右が反対に見えるよ。太陽を見ないこと。
「月を観察しよう」
月は、夜空を見上げれば、自分の目でも見えるけれど、望遠鏡を使って見ると、どう見えるかためしてみよう。
月の形や明るさ、表面の色やもようをくわしく観察しよう。
月の見え方は毎日変わるから、続けて観察してまとめるといいね。

工作・フリーアートのまとめ方の例を見てみよう

注意

望遠鏡を作るときは、必ずおうちの人といっしょにしよう。
始める前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
老眼鏡のレンズをはずす作業は、おうちの人にやってもらおう。
拡大鏡や老眼鏡、できあがった望遠鏡で太陽を見ないこと。目をいためるのでぜったいにしないこと。
望遠鏡を日なたに置きっぱなしにしないこと。レンズを使っているので火が出るきけんがあるよ。
望遠鏡は、道路などのあぶない場所や足元が安定しない場所では使わないこと。
夜出かけるときや暗い場所に行くときは、必ずおうちの人といっしょに行くこと。
望遠鏡を作ったあとは、おうちの人といっしょに材料や道具をしっかりかたづけよう。
望遠鏡を置いておくときは、落ちてわれたりする心配のないところに置こう。

工作・フリーアートをするときの注意(工作をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

望遠鏡に老眼鏡や拡大鏡など、ちがう種類のレンズを使うのはどうして?
望遠鏡の倍率(ばいりつ)は、対物レンズの焦点距離(しょうてんきょり)の長さを接眼レンズの焦点距離でわった数値になるよ。対物レンズには焦点距離の長い(倍率の低い)もの、接眼レンズには焦点距離の短い(倍率の高い)ものを使うのが基本だ。だから、対物レンズには焦点距離が長めの老眼鏡を使い、接眼レンズには拡大鏡を3まい重ねて、焦点距離をより短くした合体式のレンズを使っているんだ。今回作った望遠鏡は、対物レンズにも接眼レンズにもとつレンズを使ったケプラー式というタイプだ。
監修(かんしゅう):千葉県立長生高等学校 大山光晴

※この工作・フリーアートは、8月31日までの公開です。